競合調査・キーワード設計|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

競合調査・キーワード設計

コンテンツ記事制作

SEOで成果を出すために

自社商品の売上向上やサービスのブランディングにおいて、オウンドメディアの運営は効果的です。オウンドメディアのSEO対策に注力し、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでオウンドメディアのコンテンツを上位表示させることができれば、集客に大きな影響をもたらしてくれます。

しかし、すでに上位表示されている他サイトなど、競合調査なしでコンテンツ制作を始めてしまうと、十分な量のコンテンツを作成しているのに検索結果で上位表示されない状態になりかねません。また、初期のキーワード設計が不十分だと、売上につながらないキーワードでコンテンツを作成してしまうこともあります。

結果、時間的・金銭的コストばかりかかってしまい、最悪の場合オウンドメディアの閉鎖につながってしまいます。そのため、オウンドメディアの運用では競合調査とキーワード設計が不可欠なのです。

競合調査・キーワード設計のないコンテンツ制作では結果が出ない

競合分析・キーワード設計からコンテンツを制作するまでの手順を紹介します。

1. メディア運用の目的・課題を明確化
まず、メディアの運営に関わるメンバー全員で、Webメディア運用の目的や課題を整理します。メディアのゴールから定量的なKPIを設計し、コンテンツ方針を一致させることで、メディアの運用に軌道修正が起きないようにします。

2. 競合サイトの洗い出し・分析
メディアの目的に応じたキーワードを選定し、該当のキーワードで上位表示されている競合サイトを複数洗い出します。このとき、競合サイトがどのキーワードで流入を狙っているのかを分析し、同じキーワードを狙うのか、または差別化したキーワードで上位表示を狙うのかを判断します。

3. ターゲットキーワード選定
競合サイトの分析後、KPI達成に繋がるキーワード、かつ上位表示の期待値が高いキーワードを選定します。たとえば、ターゲットとするキーワードで上位表示されている競合サイトのドメインパワーが強い場合、同じキーワードでコンテンツを作成したとしても上位表示の期待値は低い場合があります。

4. コンテンツ制作
ターゲットキーワードが確定したら、自社もしくは外部のライターや編集者に構成・執筆・編集を依頼します。GIGにはコンテンツの企画から制作・運用までを専門に行うチームがあるため、高品質なコンテンツの作成が可能です。

GIGが提供するコンテンツマーケティング

GIGは、フリーランス向けのオウンドメディアの運用や、航空会社や決済サービス企業など多種多様なクライアントのメディア運用やグロースを支援してきた実績があります。これまで培ってきたコンテンツ制作やメディア運用の知見を活かし、クライアントのコンテンツを検索上位にランクインさせ、自然検索での流入を継続的に獲得できるコンテンツマーケティング支援が可能です。

またコンテンツ制作や運用に限らず、キーワード設計や競合分析、ペルソナ設計など、コンテンツマーケティングの上流から戦略的な支援ができます。インタビューや企画系のコンテンツ実績も豊富であるため、ブランディングや採用活動の成果に繋げるコンテンツ制作においても知見があります。

コンテンツ制作やメディア運用に課題をお持ちでしたらぜひ一度ご相談ください。

SERVICE

ペルソナ設計・カスタマージャーニー・SEO内部設計・キーワード調査、
取材・インタビューコンテンツ・SEOコンテンツ・ 採用コンテンツなど、
あらゆるコンテンツ記事制作をご支援します。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。