取材・インタビューコンテンツ|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

取材・インタビューコンテンツ

コンテンツ記事制作

ブランディングに役立つ

SNSやブログなどでの発信が当たり前となり、企業がインターネット上で積極的に情報発信する時代になりました。一般消費者は自ら情報を収集し、常に企業を「選択する」姿勢です。そのため、企業のブランディングの重要性は増してきています。

そもそも企業のブランディングとは、「ユーザーに対してもってもらいたいイメージを伝え、興味を持ってもらう/好きになってもらう」こと。つまり、「こんな強みをもっている会社だ」「自分の悩みや興味関心に寄り添ってくれるサービスだ」と当事者意識をもってもらうことを指します。

企業やサービスについて深く理解してもらうことがブランディングには欠かせません。そのためには、理解してもらいたい内容をコンテンツに落とし込むことが必要です。ここで効果的なのが、取材やインタビューをもとに制作するコンテンツです。

サービス開発者や社員の”生の声”が聞けることにより、事業やサービスの詳細について深掘りできます。また、ただ内容を詳細に記載するコンテンツよりも、親近感をもって読んでもらいやすいです。社員インタビューや導入事例インタビュー、対談形式のものなど様々な種類があり、与えたい印象や内容によって使い分けるとさらに効果的です。

取材・インタビューコンテンツの質を左右するポイント

取材・インタビューコンテンツを制作する上では、話者から「ユーザーが求める情報」や「企業が伝えたい情報」を引き出すことが重要です。しかし、全てのインタビュイー(取材相手)が取材を受けることに慣れているわけではありません。

コンテンツのテーマに沿った話や、インタビュイーしか経験していない魅力的なエピソードを引き出すためには、事前準備と編集が重要になります。取材・インタビューコンテンツを制作する上で必要なステップと、それぞれのポイントを解説します。

1. 事前調査
まずは、取材する企業や対象者についてよく知ることが重要です。取材の中で業界やサービスについての専門知識に触れる場面もありますが、基礎知識が全くない状態では話を深掘りできません。下調べなしに質問して理解できる内容は、ユーザーが調べれば簡単に手に入る情報ともいえます。せっかく当事者に話を聞くのであれば、他のメディアにはない内容を届けることも意識するとよいでしょう。

また、インタビュアーと取材相手は初対面であることがほとんどです。具体的な内容を引き出すためには信頼関係を築くことが欠かせません。綿密な調査を行うことで、「企業について興味をもっている」ことを伝えるのは、重要なポイントでありマナーです。

事前調査では、企業のコーポレートサイトやオウンドメディア、SNS等に目を通し、サービスの詳細や変遷、企業理念、最新のニュースなど、できる限り細かい情報まで集めます。意味がわからないものや興味深いトピックは、メモして質問事項に含めると理解が深まります。

これまでに取材された経験のある方がインタビュイーの場合は、参考までに既存の記事を読んでおくのも効果的です。ただ、過去の記事の内容をなぞった取材とならないよう、注意しましょう。

2. 構成作成
必要な内容を引き出してスムーズに制作に移るため、記事の形式をある程度事前に決めておきます。

質問と回答をそれぞれ記載する対談形式では、自然な対話でカジュアルな印象を与えることができます。また質問事項を見て、興味のあるトピックにだけ目を通すこともできるため、ユーザーにとって気軽に読むことができるコンテンツになります。

三人称を用いて客観的に書き進める形式では、感情よりも事実がベースとなるため、きっちりした文章にしたいときや、ストーリー性をもたせたいときに効果的です。いくつものトピックについてバラバラに質問をするのではなく、一つひとつの内容や経緯を深掘りしておくことが求められます。

3. 質問事項作成
構成をもとに、記事で伝えたいメッセージやストーリーの大枠を決めておきます。「誰に何を伝えたい記事なのか」が決まれば、必然的に質問事項が明確になります。取材時の対話の中で話が逸れていってしまわないためにも、絶対に抑えたい内容を明文化しておくことは重要です。取材前に対象者に質問事項を共有しておくとよいでしょう。

また、写真を撮影する場合はカットの案も合わせて決めておくことで、当日の動きをスムーズにし、記事制作に必要な材料を確実に揃えることができます。

4. 録音
取材の内容を録音しておくことによって、執筆や編集の段階で内容や話の流れを確認し直すことができます。録音したい旨や記事制作以外には使用しないことを、事前に相手にお伝えし、了承をいただいてからレコーダーを使用しましょう。

5. 執筆・編集
取材中に得た回答は指示語が多く、また対話の流れの中で言葉が選ばれているため、録音から書き起こして体裁を整えただけのテキストでは内容が適切に伝わりません。難しい言葉を平易な言葉に置き換えたり、抽象的な文脈をくみとって具体的にしたりと、書き手の工夫が必要になります。

編集においても、読者の視点に立ち「つまり、何が言いたいのか」という疑問を持ちながらテキストに赤を入れることが重要です。

GIGが提供する取材・インタビューコンテンツ

GIGは、フリーランス向けオウンドメディアで2,000本超のSEOコンテンツ制作やインタビューコンテンツを行い、航空会社や決済サービス企業など多種多様なクライアントのメディア運用やグロースを支援してきた実績があります。

豊富なコンテンツマーケティング実績から、GIGは取材やインタビューをもとにした質の高いコンテンツ制作を得意としています。事前の綿密な調査から取材のディレクション、編集まで、一貫して制作できます。

さらに、GIGはフリーランスと企業の案件をマッチングさせるプラットフォーム『Workship』を運営しており、多様な案件に対応可能なライターや編集者とのコネクションがあります。インタビューや取材、SEOコンテンツ、商品のPRを兼ねた企画コンテンツなど幅広いコンテンツに対応可能です。

コンテンツやWebマーケティングに課題をお持ちであれば、ぜひ一度ご相談ください。

SERVICE

ペルソナ設計・カスタマージャーニー・SEO内部設計・キーワード調査、
取材・インタビューコンテンツ・SEOコンテンツ・ 採用コンテンツなど、
あらゆるコンテンツ記事制作をご支援します。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。