リライト・過去記事更新|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

リライト・過去記事更新

コンテンツ記事制作

SEO効果を持続させるために

公開したコンテンツのSEO効果を高めたり持続させるために必要なのが、リライトです。リライトとは、既存コンテンツの内容をアップデートしたり、加筆修正したりすることです。リライトをすることで検索順位が上がり、より多くの人が訪れる集客力の高いコンテンツを作ることができます。

Googleの評価ポイントとして情報量やドメインパワーが有名ですが、リライトで重要なのは「オリジナリティ」と「ユーザビリティ」です。

オリジナリティとはそのコンテンツでないと知り得ない第一次情報を提供することです。オリジナリティを高めることで、競合コンテンツには真似できない独自性を提供しているコンテンツとして評価が高くなります。

ユーザビリティとはコンテンツの読みやすさや理解のしやすさのことです。ユーザービリティを高めることで、平均滞在時間を伸ばしサイト内回遊を促すことができます。

効果的なリライトのポイント

既存コンテンツのSEO効果をより高める、リライトのポイントをいくつかご紹介します。

1. 検索ニーズが高く、検索順位が低下しているコンテンツを選定する
検索ニーズが高い、つまり検索ボリュームが多いキーワードのコンテンツは、リライトによるSEO効果の測定がしやすくなります。

また、検索順位が低いコンテンツはクリック率が低く、ユーザーの目に止まりにくいです。アメリカのインターネットマーケティング会社「NINJAS」が公開したレポートによると、検索順位が1位のサイトのクリック率が21.12%であるのに対し、10位だと1.64%に下がるという調査結果が出ています。

検索順位が低下しているコンテンツをリライトし順位を上げることで、クリック率を上げ、訪問数の向上を期待できます。

2. 検索クエリをもとにリライトの方向性を決める
検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンを使って入力するキーワードのことです。Google Search ConsoleでコンテンツのURLを入力すると、検索クエリの一覧を表示できます。

検索クエリを見ると、ユーザーがどんな情報を求めてコンテンツにたどりついているかが分かるため、コンテンツ内に補足すべき内容がおのずと見えてきます。

3. 検索順位1位〜10位を比較分析する
検索上位にある競合記事の内容を見出しごとに細分化して比較分析します。共通要素を抽出し、競合記事が評価されている部分に対して足りないところをリライトで補完しましょう。

さらに、記事内容の比較だけでなく、画像の有無や表組みなどの要素も競合記事と見比べましょう。ユーザーニーズだけでなく文章の読みやすさも補完すると、ユーザビリティが向上します。

*リライトの注意点
リライトの注意点としては、キーワードを乱用しないことが挙げられます。かつて検索エンジンの精度が低い時代には、キーワードの含有率を高めて検索順位を上げる方法が横行しました。しかし、検索エンジンの精度が向上した昨今、単にキーワードの含有率が高いコンテンツは評価されず、ユーザーにとって有益かどうかを主軸に評価されています。

またキーワードの乱用はおのずと文章を読みづらいものにしてしまいます。また、Googleのガイドラインに抵触する恐れがあり、検索順位が急落したり、検索結果に表示されなくなってしまうので気をつけましょう。

GIGが実践するSEOリライト施策

GIGは、フリーランス向けオウンドメディアで2,000本超のSEOコンテンツ制作・リライトを行い、航空会社や決済サービス企業など多種多様なクライアントのメディア運用やグロースを支援してきた実績があります。

これまで培ってきたコンテンツ制作やメディア運用の知見を活かし、クライアントのコンテンツを検索上位にランクインさせ、自然検索での流入を継続的に獲得できるSEOコンテンツの制作・リライトが可能です。

またコンテンツ制作や運用に限らず、キーワード設計から競合メディア分析やペルソナ設計など、コンテンツマーケティングの上流から戦略的な支援ができます。インタビューや企画系のコンテンツ実績も豊富であるため、ブランディングや採用活動の成果に繋げるコンテンツ制作においても知見があります。

コンテンツ制作やメディア運用に課題をお持ちでしたらぜひ一度ご相談ください。

SERVICE

ペルソナ設計・カスタマージャーニー・SEO内部設計・キーワード調査、
取材・インタビューコンテンツ・SEOコンテンツ・ 採用コンテンツなど、
あらゆるコンテンツ記事制作をご支援します。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。