撮影・アイキャッチ|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

撮影・アイキャッチ

コンテンツ記事制作

メッセージを的確に伝える写真撮影

コンテンツの質は、テーマにあった写真とアイキャッチに大きく左右されます。テキストがどれだけ良いものであっても、写真やアイキャッチの質が低ければ、ユーザーにメッセージを的確に伝えることができません。

コンテンツに説得力を持たせる写真の代表例が、インタビュー・取材において撮影する写真です。インタビュー・取材コンテンツを制作する際には、写真の撮影に関して、以下の3点を事前に検討しておく必要があります。

・カット
写真は縦向き/横向きにするか、スクエアが適しているか、という基本的な構図のほか、写真内の余白についても把握しておくとよいでしょう。たとえば、最終的に写真に文字を入れる場合は、文字が入るスペースを加味して撮影しておくと画像編集がしやすくなります。

またコンテンツ全体のテーマも、撮影する上で重要なポイントです。柔らかい笑顔や真剣なまなざし、メンバーの和気藹々とした雰囲気など、写真にうつるインタビュイーの様子によって、コンテンツがユーザーに与える印象が大きく変わります。取材・制作に関わる全員で、コンテンツの方向性について認識を統一しておくと、制作がスムーズです。

・構図
全ての写真を真正面から撮影するのではなく、下から煽るように撮影したり、斜めから撮影したりすると、それに伴ってインタビュイーの印象も変化します。また、コンテンツ内には複数枚の写真を使う場合が多いので、構図に変化をつけておくと、読者が飽きずに読み進めてもらえます。

さらに、ポージングも工夫するとより効果的です。人が相手に何かを伝えようとするとき、身振り手振りを用いる場面が多くあります。インタビューコンテンツは、ユーザーに対して「語りかける」という意味合いが強いので、適切なポージングによって雰囲気を伝えやすくなります。手の動きをつけてもらうだけでも躍動感や熱量が増して見えるため、おすすめです。

・ライティング(照明)
基本的には、インタビュイーの斜め後方に窓がある、というポジションで自然光を取り入れることができると、自然な写真に仕上がります。逆光で顔が暗くならないように注意するほか、顔に落ちる影が気になる場合はレフ板を使用して調整します。
窓のそばでの撮影が難しい場合や、曇りの日など光量が足りない場合は、ストロボを使用して明るさを足します。このとき、直接顔に当てるのではなく、天井や壁に光を当てて反射させることによって、柔らかく自然な光を顔に当てることができます。

いい写真は、インタビュイーの人となりやコンテンツの内容がユーザーに適切に伝わる助けとなります。コンテンツ全体の印象を決定づけるという点でも、こだわりを持って制作することが求められます。

最初の興味を掻き立てるアイキャッチ

コンテンツの質を上げるために、もう一つ要になるのがアイキャッチです。アイキャッチとは記事一覧ページに表示されるメインの画像のことです。コンテンツの“顔”であるアイキャッチによって、コンテンツのPVは大きく左右されます。制作する上では、以下の2点がポイントになります。

・目を引く写真
ユーザーの目を引いてコンテンツを読み始めてもらうためにも、何が写っているのかはっきりと分かるものや、色彩の美しいものなど、インパクトのある写真を選んでいきます。また、アイキャッチにはタイトル等のテキストを入れる場合が多いので、シンプルさも重要です。明暗の差の大きい写真や、細々としたものが写っている写真は、テキストを強調するのが難しくなります。

・デザイン
テキストを挿入する場合は、目立たせるための工夫が必要です。背景の画像を少し暗くしたり、透明度をあげたりするほか、テキスト自体を縁取りする方法もあります。デザインや用いるフォントによっては、ポップに見えたりスタイリッシュな印象になったりと、見え方も変わるので、使い分けができるとよいでしょう。

また、せっかくこだわって制作したアイキャッチも、実際にSNSの画面などで見えづらければ意味がありません。アイキャッチの画像サイズをチェックできるツールがあるので、最後には必ず制作した画像の見え方を確認しておきましょう。

メディアや連載のイメージに沿ったアイキャッチを制作することで、ユーザーにクリックしてもらいやすくなり、読まれる機会を増やすことができます。

撮影からアイキャッチまで一気通貫した対応が可能

GIGは、フリーランス向けオウンドメディアで多数のインタビュー・取材コンテンツの企画制作を行い、航空会社や決済サービス企業など多種多様なクライアントのメディア運用やグロースを支援してきた実績があります。これまで培ってきたコンテンツ制作やメディア運用の知見を活かし、写真撮影やアイキャッチ制作含めて一気通貫したご支援ができます。

さらに、GIGはフリーランスと企業の案件をマッチングさせるプラットフォーム『Workship』を運営しており、多様な案件に対応可能なカメラマン・デザイナーとのコネクションがあります。豊富な経験をもつプロのクリエイターに撮影・デザインを依頼し、GIGがディレクションすることも可能です。

コンテンツの品質や反響に課題をお持ちであれば、ぜひ一度ご相談ください。

SERVICE

ペルソナ設計・カスタマージャーニー・SEO内部設計・キーワード調査、
取材・インタビューコンテンツ・SEOコンテンツ・ 採用コンテンツなど、
あらゆるコンテンツ記事制作をご支援します。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。