RFP、要件定義|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

RFP、要件定義

システム開発の流れ

依頼内容をRFPに、制作内容を要件定義にまとめ、スムーズなシステム開発を実現します

RFPとは “Request For Proposal” の略で、システム開発を導入・発注する際に依頼内容をまとめた提案依頼書のことです。基本的にRFPは発注者側が作成します。

RFPでは、発注者側の依頼の背景や目的、また依頼範囲や予算、スケジュール、そして制作物のターゲットや競合等の情報をまとめます。RFPでどういったものを制作したいのかを明確にすることで、発注者側と開発側の認識合わせが行える他、発注者側での社内合意も取りやすくなるため、スムーズな制作進行が可能になります。
なおRFPがない場合、GIGではRFPにまとまっているべき事項についてヒアリングを行う他、必要に応じてRFP作成のサポートも可能です。

そしてRFPをもとに開発側は要件定義を行い、実際にどういったものを制作するのか、明確なシステム要件を含め、制作内容をまとめていきます。
なお、システム開発の現場では、あいまいな要望や主観での意見が飛び交いやすいため、RFPや要件定義にて制作物のゴールを定義し、ビジネス課題を解決するためにどういったものを制作すべきかをまとめておくことは非常に重要です。

GIGではシステム開発に加え、マーケティングを得意としているため、競合調査や過去データの分析等、根拠あるデータをもとに要件定義を進めていくことで、より精度の高いシステム開発を実現いたします。

トラブルを防ぎ、スムーズな制作進行を実現するために

RFPがない場合は、開発側が発注者側へヒアリングを行い、どういったものを制作したいのか、なぜ制作したいのか、といった要望や依頼背景を汲み取り、まとめていきます。
しかし、あいまいな要望では、必ずしも発注者側が意図したものを制作してくれるとは限りません。また複数の制作会社に相見積もりを行い、依頼先を選定する際も、要望にあった提案がもらえるかどうかを判断するために、RFPを発注者側で用意しておくことは重要です。

そしてRFPや要件定義があいまいなまま制作が進んでしまうと、認識のズレから意図しない制作物が生まれてしまい、追加開発や修正によってスケジュールの遅延が発生してしまうだけでなく、追加対応に対する追加費用が発生してしまう可能性があります。

さらに口頭のみのやり取りでは言った言わないの押し問答になってしまい、品質や支払いフローなどでのトラブルが生まれ、企業間の訴訟に発展してしまうケースも珍しくはありません。
スムーズな制作進行はもちろん、責任の範囲をはっきりさせ、たとえトラブルが起こった場合でも円滑に事態の収束を図るために、RFPと要件定義は重要なのです。

GIGではどのようにRFP、要件定義をまとめていくのか

発注者側がRFPを用意されていない場合、GIGでは下記項目をもとに発注者側の要望をRFPにまとめていただいております。

理想のRFPの項目
  ・背景
  ・目的
  ・方針(開発言語、開発環境、開発体制等)
  ・予算
  ・スケジュール
  ・提案依頼範囲
  ・ターゲット
  ・サイトの内容
  ・発注範囲
  ・制作期間における希望
  ・体制
  ・競合

なお、要望のすべてが必ずしも決められた予算やスケジュールの範囲内で実現できるとは限りません。そのため、発注者側の中で要望の優先順位をつけておくと良いでしょう。

また実際の制作フローでは、発注者側と開発側で都度認識合わせを行い、意思決定が必要なシチュエーションが発生します。その際に、発注者側の中でどういった社内確認フローで進めていくのか、社内体制も事前に決めておくとスムーズです。

そして要件定義では、下記項目をもとに開発側がまとめていきます。

要件定義の項目
  ・競合分析(評価、他社分析、サイト解析)
  ・情報設計(ディレクトリマップ作成)
  ・機能設計(機能一覧、機能定義)
  ・サーバ設計(AWS試算)

これらはプロジェクト計画書、ディレクトリマップ、機能定義書、画面設計書(ワイヤーフレーム)、画面遷移図、DB設計書といったドキュメントで最終的にまとめていきます。

なおGIGでは開発だけでなく、ローンチ後も保守運用もサポート可能です。特にWebサービスではフェーズごとに施策の企画、実行、そして分析をもとに追加機能開発をしていき、サービスをグロースさせていくことが重要です。初期開発から追加開発にいたるまで、また必要に応じてマーケティングサポート含めご支援いたします。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。