ペルソナ設計、カスタマージャーニーマップ作成|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

ペルソナ設計、
カスタマージャーニーマップ作成

システム開発の流れ

意思決定の判断基準となるペルソナ設計・カスタマージャーニーマップ作成を行います

システム開発は意思決定すべき事項が多い一方、現場ではあいまいな要望や主観での意見が飛び交いやすいため、いざ完成したシステムを見てみると、「やりたいことができない」「達成したいゴールが達成できない」など、不本意なシステムになってしまうケースは珍しくありません。

そのためGIGでは、様々な意思決定の場面において判断基準となるペルソナを明確にすることを重要視しています。
ペルソナ設計とは、Webサービスを使うユーザーを具体的にイメージし、 “ユーザーの象徴として定義された人物” を設定することです。ペルソナを設計することで、開発コンセプトが明確になり、開発するWebサービスのボタンカラーやフォント、そしてフォントサイズなどもプロジェクトメンバー間の共通認識に基づく決定が可能になります。

さらに、設定したペルソナがWebサービス上でどのような行動をするのかを予測して明確にステップ化し、最終的にどうやってゴール(コンバージョン)にたどり着くのか表すものが「カスタマージャーニーマップ」です。

カスタマージャーニーマップを作成し、ユーザー行動とユーザー接点を明確化することで、ペルソナにとって最適なコンテンツやシステム要件の洗い出しが可能です。また、理想のユーザー行動を可視化することができるため、プロジェクトメンバーの合意に基づく開発要件を決定することができ、スムーズなシステム開発が可能になります。

無駄な機能や追加開発費が発生してしまい、最悪の場合サービス終了になりかねない

限られた予算・期間の中で、最適なシステム開発を実現するためには、機能要件の取捨選択や開発の優先順位を決めることが重要です。またWebサービスはローンチして終わりではなく、ユーザーのアクセス分析等から、追加機能の開発・機能の改修などを行い、サービスをグロースさせていく施策が求められます。

もしペルソナ設計やカスタマージャーニーマップ作成を行わないままシステム開発を進めてしまった場合、ローンチしてみたらユーザーにまったく使われない機能があり、無駄なコストを投下してしまった、ということは往々にして起こりえます。
また逆に実際はこういった機能が必要だった、と後からわかり、機能修正に追加の工数、費用が発生してしまうケースもあるでしょう。

そしてカスタマージャーニーマップを用いることで、ペルソナの行動予測に基づく画面構成、情報設計が可能になります。たとえばコンバージョン導線のためのボタンの配置を決めたり、検索機能やチュートリアルなどをどのタイミングでどのように表示するかを決定する上で、カスタマージャーニーマップは欠かせません。

もしペルソナ設計に基づくカスタマージャーニーマップがなければ、ユーザー視点を無視した開発側本意のUI/UXとなり、使われない機能が生まれてしまう他、無駄な追加開発費が発生してしまい、サービスが思うようにグロースせず、最悪の場合は早期サービス終了という経営判断になってしまうこともあるのです。

GIGはどのようにペルソナ設計・カスタマージャーニーマップ作成を行うのか

カスタマージャーニーマップを作成するためには、まずペルソナ設計を行います。
ペルソナは、ペルソナとなるユーザー像の職業、家族構成、年齢、年収、メディアサイトとのタッチポイント、1日の過ごし方、抱いている悩みや情報収集の方法といったものから、会社員であれば役職、役割、課題など、出来る限りリアルな情報を設計し、可視化します。予算によっては、ペルソナになりえそうなユーザー群にヒアリングやインタビューを行い、ペルソナの精度を高めていく場合もあります。

そうして設計したペルソナが、自社サービスにおいてどのように行動するのかを予測し、表などにまとめてカスタマージャーニーマップを作成していきます。それに伴ってステップごとに必要なコンテンツやシステムを洗い出していきます。
さらに、PCとスマートフォンでの行動の違いも分析し、最適な設計を実現します。

なおGIGでは、競合調査をもとにこれまでも大規模サイトや月間流通額数億円以上ECサイトなどでコンバージョンアップ、業績アップの実績がございます。そういった知見を活かし、競合サービスのユーザビリティ調査(ヒューリスティック調査)、キーワード流入調査、コンテンツ調査、またディレクトリ構造などを調査し、より最適なカスタマージャーニーマップを作成、クライアント企業のWebサービス成長を実現するシステム開発が可能です。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。