レスポンシブ対応、内部SEO対策|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

レスポンシブ対応、内部SEO対策

システム開発の流れ

ただスマホ対応するだけではなく、運営およびSEOを考慮したレスポンシブ対応、内部SEO対策を実現します

昨今のWebトラフィックの主流は、スマートフォンからのアクセスです。Webサービスにおいてもそれは例外ではありません。また、Googleがモバイルファーストインデックスを発表し、スマホサイトが優先的にインデックスされるようになったため、より一層モバイルフレンドリーの重要性が高まりました。

GIGでは様々なインターネットサービスに関わってきた経験から、様々なデバイスからのアクセスを想定したレスポンシブ対応を構築することが可能です。
特にスマートフォンデバイスも多様化しているため、Webフォントの活用や、Retina対応など、様々なデバイスからのアクセスを想定した表示を実現。そしてデザイン性のみならず、ユーザービリティも重視し、ユーザーにとって最適なWebサービスのレスポンシブ対応を実現します。

また、新しいデバイスが登場するたびにWebサービスの改修が必要となりますが、運営側にとって効率的な運用を可能にするため、拡張性・保守性の高いWebサービスを実装いたします。

また内部SEO対策として、デバイスに合わせた画像データの出し分けやデバイス問わずに同一URLでの実装を行う他、近年重要視されてきているサイト表示速度を改善するために、GIGではデバイスごとの画像表示ロジックの最適化や、サーバーパフォーマンスの最適化などをシステム開発時に正しく設計いたします。

ユーザービリティ、SEO対策のためにも、モバイルファーストの意識を持った開発が重要

スマホ対応と言えど、iOS、Android、そしてOSごとに様々な機種が存在しており、タブレット端末含め、閲覧端末は多種多様です。さらに閲覧ブラウザもひとつではありません。

そのため、様々な端末・ブラウザへの対応が不十分であると、せっかく自社サービスにアクセスしたユーザーが居るにも関わらず、表示が崩れている、端末の画面サイズに最適化されていない、そもそもサイトが表示できないといったことが起こりえます。

またシステム開発の現場では、しばしばPCデザインを中心とした確認フローになってしまい、スマホサイトのデザインがないがしろにされがちです。PCサイトでは綺麗に正しく表示されていた画像や動画、アニメーション等も、いざスマホ端末でチェックしてみると読み込みが遅い、画像が小さく見づらい、といったことが起こり、特にモバイルでのサイト表示速度はSEOにも大きく影響してしまいます。

そこで内部SEO対策という観点からも、PCサイトと同じ画像データを表示してしまい表示スピードが遅くなってしまっていないか、同一コンテンツをPC・スマホ別で複数URLが設置してしまっていないか等、SEO評価を下げてしまいかねない要因をなくすことが大切です。
また運用の観点からも、URL、HTML、CSSも1つのソースコードで管理することで、更新やメンテナンスがしやすいレスポンシブ対応が求められます。

PCサイトのデザインをレスポンシブ対応させてスマホでも見れる、ということがスマホ対応ではありません。様々な閲覧環境のユーザーがスマホサイトにアクセスすることを前提に、PC・スマホサイトともにデータの表示方法やアニメーション等の表現内容を設計し、そして制作フェーズでの確認フロー含め、モバイルファーストの意識を持った開発が重要なのです。

GIGはどのようにレスポンシブ対応、内部SEO対策を行うのか

まず行うべきは、どのような流入経路があるかを想定し、ペルソナの行動をまとめたカスタマージャーニーマップを作成することです。カスタマージャーニーマップを制作することにより、PCサイトとスマホサイトで同一コンテンツを表示するのではなく、コンテンツの出し分けが必要なケースを発見することもできます。

たとえば比較検討層のための詳細な情報はPCサイトをメインに表示、スマホサイトでは興味関心層のためのコンテンツを拡充するなど、PCサイトとスマホサイトそれぞれに必要なコンテンツの精査を行い、情報整理を行います。

そして実装フェーズでは、モバイルに最適化されたテキストサイズ、コンテンツの表示範囲、また画像サイズだけでなく、HTML・CSSコードを縮小し、通信するデータサイズの軽減を実現する実装を行い、各端末・各ブラウザでの実機検証含め、モバイルフレンドリーなWebサービスを実現します。

なおWebサービスでは検索結果画面など動的なページが存在します。そういった動的ページのURL構造は煩雑化しがちなため、適切にインデックスされるURL構造を設計します。

また内部SEO対策として、基本的にはGoogleのSEOガイドラインに準拠した形でSEO内部設計を進めていきます。GIGではあらゆるデバイスからの閲覧を想定し、サーバーからの応答時間や表示画像データの表示ロジックなどを最適化させ、ページ表示速度の改善を行います。
そして開発タイミングにおいては、リリース後もPDCAサイクルをまわせるよう、分析ツールの導入や、GoogleAnalyticsのコンバージョン設計、Googleサーチコンソールのインデックスステータスの確認、クロールエラー調査、検索トラフィック分析などができる環境を構築していきます。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    WebSITEの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。