メディアサイト(CMS)のシステム開発|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

メディアサイト(CMS)のシステム開発

システム開発 / 設計 / 構築

CMSは「現場担当者」というユーザーに最適なUI/UXであるべき

昨今のWeb環境を取り巻く状況において、記事コンテンツを中心とした情報発信はWebマーケティングの重要な施策となっております。実際にGIGへのお問い合わせでも「自社サイトでコンテンツ更新ができるようにリニューアルしたい」といったお声は非常に多く寄せられています。

情報発信のニーズが高まっている背景には、アドテクノロジーの進化が挙げられます。コンテンツをただの集客施策として用いるのではなく、コンテンツをタッチポイントとしたユーザー行動のトラッキングを行い、収集したユーザーデータをもとにナーチャリング施策の実施、またMAツール導入しOne to Oneマーケティングの実現など、コンテンツを絡めた施策が多様化しているのです。

ただし、様々なツールの出現により実施できる施策は増える一方、現場担当者の作業が煩雑化し、作業ミスの発生や十分な分析ができないなど、業務プロセスの見直しが必要なケースも多くあります。

特に情報発信を行うCMSは、発信するコンテンツの中身に注力すべきにも関わらず、現場担当者にとって使いづらいHTMLタグの設定などがあっては、コンテンツの更新作業が大きなボトルネックとなってしまい、更新頻度が滞ってしまいかねません。
無駄な作業に時間を費やすのではなく、効果を最大化させるためのアクションにリソースを割くために、CMSは現場担当者にとって最適なUI/UXを構築すべきなのです。

人為的ミスを防ぎ、マーケティングを加速させるCMSを開発します

メディアサイトを運営するためには、ライターや編集者ポジションの方が日々運用できる体制が理想です。エンジニアの方でないとメディアサイトを更新できない、といった体制ですと、即時性のある更新ができず、運営体制も肥大化してしまいます。
そこでGIGでは、様々な企業のメディアサイトの構築・運用に関わってきた経験から、現場担当者レベルで必要としている機能要件のご提案が可能です。

そして、メディアサイト運用に欠かせない権限管理機能やエディタの最適なUI設計はもちろん、特定のユーザーにだけ記事コンテンツを表示させるための機能、また告知バナーなどの表示を会員データ情報やアクセスデータから出し分けを行う機能など、メディアを活用したマーケティング施策の実施をCMSから行える、マーケティングを加速させるCMS構築が可能です。

またMAツールをご利用の場合であれば、メディアでのユーザー行動データを収集し、MAツールへエキスポートできる機能ももちろん実装可能です。
さらに、GIGが独自で開発した機能モジュールとアルゴリズムモジュールを用いることで、メディア上で会員機能を設けたい、決済機能を設けたい、投稿を自動的にSNSと連携させたいなど、あらゆるご要望に対しても、初期構築費用を抑え、高品質なシステム開発を実現いたします。

GIGはどのようにCMS開発を行うのか

まずクライアント企業へのヒアリングを行い、Webサイト運用で何を実現したいかを明確にし、要件定義を行っていきます。CMSでどういった機能があるべきか、将来的に可能性のある機能も含めてすべて洗い出し、そこから実装が必要な機能を精査していきます。

またコンセプト設計やSEO設計、ディレクトリやデザイン設計などを考慮したCMS構築はもちろん、カテゴリやタグ、コンテンツの検索など運用担当者が使いやすいデータの格納方法を実装し、日々の運用を効率よくするための設計を行います。
アナリティクスの設定もCMS構築タイミングで行い、運用フェーズで正しくデータを分析できるよう対応いたします。

なお、GIGのマーケティングチームによる協力体制構築も可能です。自社メンバーだけでは配信本数がまかなえない、SEOを強化したい、PVは集まったがそこからどう展開すればいいか分からないなどの課題に対して、コンテンツマーケティングを成功に導くご支援をさせていただきます。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。