ユーザ管理のシステム開発|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

ユーザ管理のシステム開発

システム開発 / 設計 / 構築

ユーザーデータを資産化し、
いかにマーケティングに活用するか

Webマーケティングの基本は、ユーザーコミュニケーションであるとGIGは考えます。そのため、リアル店舗での接客と同様、ユーザーに一律に同じ情報を提供するのではなく、ユーザーごとの行動履歴・興味関心に応じたWeb接客が重要です。

そしてWeb接客を実現するためには、ユーザーデータの適切な管理システムが求められます。新規訪問、リピート訪問といった単純なアクセスデータだけでなく、ビジネスゴールに対して求められる様々なユーザーデータを収集・管理することが大切です。

もしこれらのユーザーデータを管理せずにWebマーケティングを行ってしまえば、ユーザーデータを資産化できないことはもちろん、各々のマーケティング施策に対して適切なプランニングおよびフィードバックができません。
さらにデータの管理を正しく設計しなければ、MAツール等の連携がスムーズにいかず、せっかく自動化を期待してMAツールを導入をしても、多くの人的工数が発生してしまいかねないのです。

独自モジュールを使い、初期費用を抑えながら高品質なユーザー管理システムを構築します

GIGでは、ユーザーデータを適切に資産として残すために、ユーザー管理システムの開発を行っています。どのような運用を行い、データをどのように活用したいか、そして将来的にどういった展開したいかによって、ユーザー管理システムのあり方は異なります。GIGは、クライアント企業にとって最適な、拡張性のあるユーザー管理システム構築を行います。

また、GIGでは独自開発した機能モジュール、アルゴリズムモジュールを用意しております。そのため、クライアント企業ごとにオーダーメイドの構築であっても、すでにあるモジュールを活用するため、高品質でかつ初期構築費を抑え、スピード感を持ったシステム開発が可能です。

さらにGIG自身もユーザーデータを用いたマーケティングを得意としているため、単にオーダーを受けて開発するだけでなく、より最適なマーケティング戦略に基づく、ユーザーデータの管理体制をご提案いたします。

GIGはどのように
ユーザー管理システムを構築するのか

ユーザー管理システムでは、一例として下記のような機能が求められます。

・OAuth管理
・FacebookやTwitterなどによる認証連携を行い、新規登録、決済等のユーザビリティを高める
・ステータス管理
・ユーザーの訪問回数、受注有無、メルマガ登録の有無などをもとにステータス分類
・履歴管理
・どのコンテンツを閲覧しているか、どういった商品を購入しているかなどの履歴管理
・ナーチャリング管理
・CVに至るステップに対して、ステータスや履歴からユーザーを分類。ステップごとに適切な施策が打てるよう設計
・MAツールへのエキスポート機能
・Marketo、Hubspotなど、MAツール(マーケティングオートメーションツール)とのスムーズな連携
・セキュリティ管理
・サーバー側、データ側のセキュリティ管理を行い、顧客情報を漏洩を防ぐ

こういったそれぞれの機能に対して、GIGではクライアントへのヒアリングを重ね、最適なユーザー管理システムの全体像を描いていきます。

そして上述の通り、すでにGIGでは様々な機能・アルゴリズムモジュールを保有しているため、クライアント企業が求める最適なユーザー管理システムを、初期費用を抑え、高品質でかつ従来よりも短納期での開発が可能です。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。