インフラ構築・運用保守|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

インフラ構築・運用保守

メディアサイト制作 / 構築

安心してメディアサイト運営を行えるインフラ構築・運用保守を行います

初期のメディアサイト構築タイミングにて、WordPressのプラグイン同士の干渉やアクセス集中時の処理、ページ表示速度の最適化などを考慮したインフラ構築が重要です。もし現状のメディアサイトにて不具合がある場合は早急に改修を行い、機会損失を最小限に留めるべきです。

そこで、システム会社としてインフラ構築、システム開発案件を数多く担当させていただいた実績から、GIGではメディアサイト運営にて起こりうるリスクを考慮したインフラ構築をサポートいたします。
またリニューアルプロジェクトでは、SEO施策を考慮した既存コンテンツの移行作業に加え、拡張性のあるWordPress等のCMS側のシステム開発、ページ表示速度改善、そしてアクセス集中時でも対処するためのサーバー構築など、メディアサイトがスケールできるインフラ構築を行います。

さらにメディアサイト運営フェーズにおいても、思わぬトラブルやリスクを回避すべく、運用保守も行います。編集部が本来力を入れるべきコンテンツ制作にフォーカスできるような、安心したメディアサイト運営を実現いたします。

セキュリティやSEOの観点からも、適切なインフラ構築が重要

もしページ表示速度が遅いようであれば、メディアサイトとしては早急に対処すべきです。ユーザビリティの観点からはもちろん、SEOの観点からもページ表示速度は重要視されており、遅いまま放置しておくことはメディアサイトとして致命的であるからです。

また、非常に良いコンテンツを制作し、SNSなどで広くシェアされたコンテンツが生まれた際に、アクセス過多で「記事が見れない」という状況はメディアサイトとしてもっとも避けたい機会損失です。
AWSなど従量課金によるサーバー構築を行い、急なアクセス集中にも耐えうる、スケーラビリティのあるインフラ構築が大切です。

そしてWebの世界では、セキュリティの危険性が常につきまといます。確実にメディアサイトを落としてはいけない状況で、セキュリティのアップデートや各種サービス連携のアップデートなどを常に最新の状態にしておけるよう、GIGでは運用保守を行うことも可能です。

GIGではどのようにインフラ構築・運用保守を行うのか

リニューアルプロジェクトの場合は移行先のファイル、セキュリティ、データベース構造などを漏れなくチェックし、システム要件を正しく把握していきます。その際に、外部メディアとのコンテンツ配信連携、ECやその他サービスとの連携などにも対応を検討している場合は、それらの要件を含めて設計を行います。

そしてメディアサイトをどのようにグロースさせていきたいかマイルストーンを設定し、メディアサイトの成長に合わせたインフラ構築を行います。
なお、システム障害の監視や想定外のトラブル対応など、運用保守も行うことが可能です。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    WebSITEの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。