ガイドライン・運用マニュアル作成|東京のWEB制作会社「株式会社GIG」

ガイドライン・運用マニュアル作成メディアサイト制作 / 構築

ガイドライン・運用マニュアル作成

ガイドライン・運用マニュアル作成

品質を担保し、運用をスムーズにするために

メディアサイト運営に必要なガイドラインおよび運用マニュアルを作成します

いよいよメディアサイトの運用フェーズがスタートという時に、メディア運用経験が乏しい編集部の場合ですと、「記事のトンマナをどうするか」「SEO目的の記事をどうやって執筆すればいいのか」などといった疑問が生まれ、スムーズに運用開始とはいかないケースがあります。

また、編集部に新しいメンバーが加わった際にも、運用マニュアルがなければ細かく説明しなくてはならず、不必要な教育コストが発生してしまいます。本来記事コンテンツの制作にかけるべきリソースを教育にまわしてしまっては、メディアサイトの成長が鈍化しかねません。

そこでGIGでは、ライター・編集者向けに記事のトンマナや表記ルールなどをまとめたガイドラインの策定や、WordPress等のCMSの使い方からコンテンツ制作のフロー等をまとめた運用マニュアルを作成し、編集部メンバーの経験値に依存せずとも一定クオリティのメディアサイト運営が行えるサポートを行います。

コンテンツ品質の担保は、メディアサイトの信頼にも関わる重要事項

メディアサイトをマーケティングの一環として運営する場合、コンセプトを明確にし、トンマナを統一させ、ファンづくりや指名検索されるようなメディアサイトを目指すべきです。しかし、ライターや編集者が守るべき表記ルールや画像の使用ルールなどの品質基準が明確でなければ、トンマナは統一されず、ライター、編集者個々人のスキルや感性に依存した記事コンテンツが生まれてしまいます。

また基本的なコンテンツ制作のマナーやルールが周知されていないと、思わぬテキストや画像の盗用、虚偽の記述などが発生し、多額の損害賠償請求などといったリスクが発生しかねません。

そして社内だけでなく社外のライターをアサインする場合でも、ガイドライン等がなければ、想定外の原稿が上がってきてしまい、修正のやり取りが多く発生してしまうなど、思わぬ工数が発生してしまいます。
メディアサイトの信頼を担保するためにも、そしてスムーズな運用を実行するためにも、ガイドラインおよび運用マニュアルは重要です。

GIGではどのようにガイドライン、運用マニュアルの作成を行うのか

まずガイドラインでは、メディアサイトの戦略設計に基づき、「サイト運営の目的・理念」「管理対象サイトの全体像」「サイトの運営体制」「業務体系とドキュメント一覧」を決め、資料にまとめます。

そして運営マニュアルでは、誰がどのタスクを行うのか、どういったフローでタスクを行うか、各タスクはどう進めたら良いかを整理し、資料に落とし込みます。また必要に応じてSEO記事の制作フローやインタビュー記事の制作フローの落とし込み、またサンプルとなるイメージ記事の作成や外部メディアから参考となるイメージ記事のリストアップをご提供させていただく場合もあります。

その他にも、タイトルの文字数や各hタグの運用ルール、各種HTMLタグの活用方法、そしてGoogleのSEOガイドラインなどもドキュメントにまとめ、どのリテラシーレベルの方でもすぐに記事コンテンツ制作にとりかかれるよう、サポートいたします。

CLIENT取引先企業

MEMBER

GIGは、ディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケター、コンテンツライター、編集者と、様々な領域に特化した専門家が所属しています。企業サイト制作、メディアサイト制作、システム開発、Webマーケティングなど、企画、制作、運用までトータルでサポートします。

トレンドのデザインやコンテンツ設計、システム開発を融合させ、クライアントと潜在的なステークホルダーをつなぐ「きっかけ」となるプロジェクトをパートナーとして全力でご支援致します。

CONTACT US

案件のご相談、採用に関するお問合わせなどお気軽に
ご連絡下さい。

FORM