リスティング広告運用代行|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

リスティング広告運用代行

Webマーケティング / 戦略/設計

最もコントロールしやすい広告手法である

純広告やSNS広告と違い、リアルタイムで広告クリエイティブや入札額、配信先設定を変えられるのがリスティング広告の特徴です。それはすなわち、配信結果をもとに常に改善施策が打ち出すことで、無駄な広告費を投下せず、効果を最大化できることを意味します。

また、検索キーワードと連動しているリスティング広告は、コンバージョン獲得の見込みが高い広告手法です。なぜなら検索キーワードは、そのままユーザー心理を表すため、顕在化されたニーズの刈取りが可能であるからです。

しかし、こういったリスティング広告の特性を理解せず、闇雲に配信をしていては、効果が期待できないことはもちろん、ただ広告費が無駄になってしまいます。一度出ていった広告費は戻ってこないからこそ、戦略的にリスティング広告の展開をすべきなのです。

適切な評価基準および入札ロジックをもとに、効果的なリスティング広告を展開します

リスティング広告において大事なのは、適切な評価基準と適切な入札ロジックです。たとえば月次でリスティング広告の結果を振り返った時に、「成果が減っているから入札を下げよう」という判断をしてしまうかもしれません。しかし、実は月初が季節要因で下がっていたが、週次で見ると成果は増加傾向にある、ということもあります。

そこでGIGでは、複数の評価基準、評価期間を設け、適切な入札ロジックをもとに、リスティング広告の費用対効果を最大化させるご提案および実行が可能です。
またキーワード広告ではなくディスプレイ広告を展開する場合は、画像素材の用意が必要です。そこでGIGでは複数パターンの画像素材を用意し、A/Bテストを行いながら、広告運用を総合的にサポートいたします。

なお、リスティング広告を効果的に活用すれば、コンバージョンが発生しうるユーザーを多く自社サイトに流入させることが可能です。逆に言えば、リスティング広告の成功ポイントは、着地先のランディングページがユーザーの態度変容を促す設計になっていることです。
そのためGIGではクリエイティブチームがいるため、広告運用だけでなく、ランディングページの最適化も支援いたします。

どのようにGIGはリスティング広告運用を代行するのか

すでにクライアント企業がリスティング広告を展開されている場合は、過去の運用成果を評価・分析させていただき、あらためて問題点はどこか、どのような評価基準を設けるべきか、どのようなキーワードで展開するかなどをご提案させていただきます。

また上述の通り、着地先のランディングページが適切であるかどうかも重要です。そのため、リスティング広告のみの成果ではなく、GIGではビジネスゴールを達成するためのマーケティング戦略から構築サポートさせていただき、広告施策の中でリスティング広告をどう活用すべきか、広告ポートフォリオをどう設計すべきか、着地先のクリエイティブをどうすべきかなど、総合的に支援させていただきます。

そして、定期的なレポーティングおよび改善施策のご提案をさせていただき、入札ロジックの適切な判断および広告クリエイティブの改善を行い、広告効率を高めていきます。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    WebSITEの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。