コンバージョン最適化・EFO|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

コンバージョン最適化・EFO

Webマーケティング / 戦略/設計

投下した予算を無駄にしないためにも、CVR改善に努めるべき

ユーザーがWebサイトを訪れて、商品やサービスに興味を持って入力フォームのページに到着したにも関わらず、入力フォームから離脱してしまう確率は「70%以上」もあると言われています。その原因の多くは、入力フォームの使いづらさから来ています。

たとえば入力フォームにおいて必須項目が多すぎる、エラー表示が分かりづらかったり、入力例がなかったりすることでストレスのあるフォームになっている、アップロード容量の上限値が小さく画像がアップロードできないなど、些細なユーザビリティの欠如がユーザーの離脱を招いているのです。

そして、仮に集客施策にリソースを投下したところで、70%以上が入力フォームで離脱してしまっては、投下した予算はただの無駄でしかありません。一度投下したお金は戻ってこないため、利益を最大化させるためには、集客数を2倍にするのではなく、CVRを2倍にする発想を持ち、費用対効果の高いWebサイトを目指すことが重要なのです。

費用対効果を最大化させるために、コンバージョン最適化・EFOを支援します

お問い合わせや会員登録、購入などのコンバージョンポイントを設置しているWebサイトは、コンバージョン最適化およびEFO(エントリーフォーム最適化)を行うべきだとGIGは考えます。しかし、コンバージョン最適化・EFOを行うためには、UI/UXやユーザビリティの理解、また流入経路に対して適切な態度変容プロセスの設計など、ナレッジとノウハウが求められます。

そこでGIGでは、様々なWebサイトの制作およびWebマーケティングの支援をさせていただいた経験を活かし、クライアント企業のWebサイトにおけるコンバージョン最適化・EFOの具体的な改善施策のご提案および実行を支援させていただいております。

また業種・業界に応じて、適切なコンバージョンフローは異なります。たとえばWebリテラシーの高くないターゲットに対しては、Webで入力フォームを用意するだけではなく、電話でのお問い合わせ・申込みを実現するフローを設計すべきでしょう。
こういったサービスやターゲットの特性を理解したコンバージョン最適化・EFOを実現いたします。

GIGはどのようにしてコンバージョン最適化・EFOを行うのか

まず、現時点でのコンバージョンフローを理解するために、入力フォームやコンバージョンページへのアクセス数、離脱率などを確認させていただき、GIG独自の評価項目をもとに分析・評価を行います。
その上で、改善すべき箇所はWebサイト全体なのか、商品なのか、テキスト、ボタンなどのクリエイティブなのかなどを判断し、改善箇所をご提案させていただきます。

またEFOでは、利便性を高める(手間をなくす)、ストレスを感じさせないフローにする(エラー表示を少なくする)、目的に対して不必要な要素をなくす、といった改善が重要です。そこでEFOツールの導入やA/Bテストを行い、一定期間の改善期間を設け、数値分析を行いながらEFOを実施していきます。

なお、昨今はFacebook広告からLPを経由せずに入力フォームへ遷移させるなど、コンバージョンポイントへの流入経路も多様化しています。そこで予算に応じて、流入別に最適化されたフォームの制作や、ユーザーの態度変容プロセスの設計に基づく広告クリエイティブの作成、また広告運用のご支援も可能です。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    WebSITEの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。