サイト運用、Analytics・Search Console設定|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

サイト運用、Analytics・Search Console設定

コーポレートサイト制作 / 設計 / 構築

効果の出るコーポレートサイト運用をサポートいたします

Webサイトの特徴は、様々な数値を収集、分析できることです。予算を投下してコーポレートサイトを制作する以上、サイトの目的を明確にし、各数値データの把握・分析をもとに、目的達成のためのサイト運用が重要です。

また、仮に「急にアクセスが減った」といったときに、すぐに対処できるかできないかで機会損失の差は大きく変わってきてしまいます。
そしてネガティブな状況だけでなく、たとえばCVRの高いコンテンツがあった場合に、そのコンテンツへの導線を増やす、広告を配信するなどの施策を打つことで、さらなるCV数獲得が見込めるなど、ポジティブな状況であっても成長施策の切り口を見つける上でサイト分析は必要不可欠と言えるでしょう。

そこでGIGではマーケティングチームがあり、様々なWebサイトの運用・改善を行ってきたメンバーが数多く在籍しているため、各種ツールを用いた分析およびコンテンツ調査、そしてABテストの実行など、目標達成に向けて分析・改善のためのPDCAサイクルを回し、クライアント企業のコーポレートサイトの成長をサポートいたします。

また、企業によってはコーポレートサイトのリリースプロジェクトのみで終わってしまい、分析・解析を行う担当者が不在のケースも多く見受けられます。そういった分析環境が整っていない場合は、Analytics最適化のための設定や開発、また分析体制の構築もサポートし、分析からレポーティング、そして次のアクションのご提案まで、トータルでご支援いたします。

不適切な分析は、誤った経営判断を招いてしまう

近年、Webサイトによる情報発信の重要度が高まっています。コーポレートサイトにおいても同様で、自社がどういった取り組みをしているかであったり、自社の知識・ノウハウを発信することで、既存顧客との関係値構築や採用強化へとつなげることが可能です。

そして情報発信含む、自社のコーポレートサイト運用が適切であるかどうかを判断するためには、適切なKGI・KPIの設定が重要です。
しかし、分析できる環境がないサイトの場合は、ついついPV数のみをKPIに設定しがちです。そのためPV数を追いかけるための施策に偏り、肝心なCV数獲得のためのリソースが確保できないなど、本末転倒な結果になってしまいかねません。

また様々なデータを収集し、分析できる環境であっても、正しい分析ができていないケースも見受けられます。たとえば1つの評価期間のみで分析をし続けてしまい、季節性要因や成長曲線の鈍化などを見逃してしまうといったことも起こりえます。

こういった不適切な分析は、サイト成長を鈍化させるのみならず、「とりあえず広告を打ってトラフィックを集めよう」「人員を増やし、コンテンツの配信数を増やそう」といった、本来対処すべき課題を解決できない施策を実行してしまうなど、誤った経営判断が生まれ、結果的に無駄なコストが発生してしまいます。

そのため、コーポレートサイトの戦略に合わせた適切なKGI・KPIを設定し、KPIを正しく追いかけるための分析環境および正しく評価するためのレポーティング設計が非常に重要なのです。

GIGはどのようにサイト運用、Analytics、サーチコンソール設定を行うのか

まずヒアリングを重ね、コーポレートサイトの目的を明確にし、その上で目的を達成するための要素を分解、それぞれにKPIを定めていきます。そして設定したKPIの項目をデータとして収集できるよう、解析タグの設定やコンバージョン経路の設定などAnalyticsの最適化を行っていきます。
特にコーポレートサイトでは目的別の問い合わせをCVとしているケースも多いでしょう。そこで、単純な問い合わせ件数の総数をKPIとするのではなく、内容別の問い合わせ数をKPIとして追えるよう、環境構築を整えます。

またGoogle Search Consoleのインデックスステータスの確認、クロールエラー調査、検索トラフィック分析など、運営フェーズにおいて編集部メンバーが把握すべきデータに関しても、最適なレポーティング設計を行います。

そして分析フェーズでは、設定したKPIに対して実際はどうであったかを観測し、目標数値に達していない場合は、各収集データから仮説検証を行い、PDCAサイクルを回していきます。分析の結果によっては、最適なカテゴリ設計の見直しや、サイトデザインの改修もご提案いたします。

またSEOを狙っている場合は、特定のキーワードで定点観測し、検索推移のトレンドを把握することも重要です。検索順位に大きな変動があった場合は、原因究明はもちろん、改善施策のご提案も可能です。
その他、予算に応じてヒューリスティック分析やユーザテストなどを実施し、多角的な分析・改善のご支援も行っております。

FLOW

Webサイト制作、CMS開発、サービス開発、Webマーケティング、Webコンサルティングなど、
幅広くサービスを提供しています。プロジェクトの流れをご説明します。

  1. STEP 01

    ヒアリング・お見積もり

    Webサイトの目的、ご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

  2. STEP 02

    仕様検討・要件定義

    Webマーケティング施策、UI設計やサイトマップ、機能要件などを定義します。

  3. STEP 03

    Webデザイン・システム開発

    デザイン制作、CMS開発(WordPress)、サービス開発などをおこないます。

  4. STEP 04

    保守・運用

    Webコンサルティング、AWS運用、システム保守など全体的にサポートします。

CLIENT

クライアントのプロジェクトビジョンや現状の課題に沿って、システム開発、WEBマーケティング、
WEBコンサルティング、事業企画、採用支援など、最適なクリエイティブをご提供しています。