サイト分析・評価|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

サイト分析・評価メディアサイト制作 / 構築

サイト分析・評価

サイト分析・評価

結果を出すメディアサイトを実現するために

サイト分析を行い、改善施策の立案・実行を支援します

Webメディアの特徴は、様々な数値を収集、分析できることです。そして、ただ単純に記事コンテンツを制作・配信するだけでなく、それらの結果を数値として正しく把握し、分析・改善を行うことはメディアサイトの成長に欠かせません。

仮に「急にアクセスが減った」といったときに、すぐに対処できるかできないかで機会損失の差は大きく変わってきてしまいます。またネガティブな状況だけでなく、たとえばCVRの高いコンテンツがあった場合に、そのコンテンツへの導線を増やす、広告を配信するなどの施策を打つことで、さらなるCV数獲得が見込めるなど、ポジティブな状況であっても成長施策の切り口を見つける上で分析は非常に重要なのです。

そこでGIGではメディアサイト、Webサービスの運営に関わってきたメンバーが数多く在籍しているため、各種ツールを用いた分析およびコンテンツ調査、そしてABテストの実行など、目標達成に向けて分析・改善のためのPDCAサイクルを回し、クライアント企業のメディアサイトの成長をサポートいたします。
また、分析環境が不十分である場合は、Analytics最適化のための設定や開発、また分析体制の構築もサポートし、分析からレポーティング、そして次のアクションのご提案まで、トータルでご支援いたします。

不適切な分析は、誤った経営判断を招いてしまう

企業活動としてメディアサイトを運営する場合、適切にリソースを投下するためにもKGI・KPIの設定は重要です。しかし、分析できる環境がないメディアサイトの場合は、ついついPV数のみをKPIに設定しがちです。そのためPV数を追いかけるための施策に偏り、肝心なCV数獲得のためのリソースが確保できないなど、本末転倒な結果になってしまいかねません。

また様々なデータを収集し、分析できる環境であっても、正しい分析ができていないケースも見受けられます。たとえば1つの評価期間のみで分析をし続けてしまい、季節性要因や成長曲線の鈍化などを見逃してしまうといったことも起こりえます。

こういった不適切な分析は、メディアサイトの成長を鈍化させるのみならず、「とりあえず広告を打ってトラフィックを集めよう」「人員を増やし、コンテンツの配信数を増やそう」など、本来対処すべき課題を解決できない施策を実行してしまうなど、誤った経営判断が生まれ、結果的に無駄なコストが発生してしまいます。

そのため、メディアサイトの戦略に合わせた適切なKGI・KPIを設定し、KPIを正しく追いかけるための分析環境および正しく評価するためのレポーティング設計が非常に重要なのです。

GIGではどのようにサイト分析・改善を行うのか

まずヒアリングを重ね、メディアサイトの目的を明確にし、その上で目的を達成するための要素を分解、それぞれにKPIを定めていきます。そして設定したKPIの項目をデータとして収集できるよう、解析タグの設定やコンバージョン経路の設定などAnalyticsの最適化を行っていきます。

またGoogleサーチコンソールのインデックスステータスの確認、クロールエラー調査、検索トラフィック分析など、運営フェーズにおいて編集部メンバーが把握すべきデータに関しても、最適なレポーティング設計を行います。

そして分析フェーズでは、設定したKPIに対して実際はどうであったかを観測し、目標数値に達していない場合は、各収集データから仮説検証を行い、PDCAサイクルを回していきます。分析の結果によっては、最適なカテゴリ設計の見直しや、サイトデザインの改修もご提案いたします。
また予算に応じて、ヒューリスティック分析やユーザテストなどを実施し、多角的な分析・改善を行うことも可能です。

CLIENT取引先企業

MEMBER

GIGは、ディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケター、コンテンツライター、編集者と、様々な領域に特化した専門家が所属しています。企業サイト制作、メディアサイト制作、システム開発、Webマーケティングなど、企画、制作、運用までトータルでサポートします。

トレンドのデザインやコンテンツ設計、システム開発を融合させ、クライアントと潜在的なステークホルダーをつなぐ「きっかけ」となるプロジェクトをパートナーとして全力でご支援致します。

CONTACT US

案件のご相談、採用に関するお問合わせなどお気軽に
ご連絡下さい。

FORM