be-topia - オウンドメディア制作/開発|WEB制作実績|株式会社GIG

株式会社ネストエッグ 様be-topia - オウンドメディア制作/開発WEB制作 / オウンドメディア制作 / WordPress構築 / UIUX設計 / デザイン / コンテンツ制作 / 運営

消費者の欲しいモノ・コトを引き出す - オウンドメディア『be-topia』

株式会社ネストエッグ様のプロダクトである貯金アプリ「finbee」への送客を目的としたオウンドメディア『be-topia』を、サイト制作からメディアの運営まで一気通貫して担当しました。

メディアサイト制作(リニューアル)の背景


ネストエッグ様はfinbeeを2016年にローンチしてから、広告を中心に集客施策を展開されてきました。広告はすでに貯金意欲のある顕在層へのリーチにとどまったため、潜在層にもアプローチできる施策としてオウンドメディアの立上げを決定。


サイト制作とメディア運用とトータルで依頼できる会社を探されているなか、ペルソナ設定からメディアのコンセプトづくり、サイト制作、記事の制作、メディア運用までをGIG1社で担える点を評価いただき、ご依頼をいただきました。



制作・開発のポイント


クライアントと共同でチームを組み、GIGからはディレクターと、デザイナー、編集者をアサインしてプロジェクトを進行しました。ネストエッグ様と議論を重ねながらbe-topiaのペルソナを固め、コンセプトを設定。”やりたいこと”が見つかっていない人の背中を押し、貯金のきっかけをつくるサイトを目指しました。


ユーザーが”やりたいこと”を見つけやすくするために、カテゴリのボタンに加えて「したい・ほしいを探す」「したい・ほしいを叶える」ボタンを設置しました。ボタンを押すと表示される具体的なキーワードによって興味を醸成し、記事まで辿り着いて読んでもらえるようなコンテンツ設計にしています。


デザイン面では、コンバージョンさせたいアプリ・finbeeの特徴である「目的に向かって自然とお金を貯められているワクワク感」をbe-topiaでも感じてもらえるよう検討。アプリのイメージカラーである黄色をメインカラーに設定したり、手書き風のアイコンを使用したりするなど、ポップさを押し出しています。WordPressを活用したサイト制作だけではなく、ロゴ制作を始めトータルでブランディングに関わらせて頂きました。


サイトのリリース後には、コンテンツ記事の制作やメディア運用を担当。プロジェクト始動時から編集者が参加していたことで、記事に的確にコンセプトを反映できました。記事を読んだマイナースポーツ選手からは取材の申込をいただくなどしています。



クライアントからのメッセージ

ウェブ制作・システム開発支援の事例インタビュー

「取材されたい・記事を書きたい」と反響があるメディアへと成長した『be-topia』誕生の裏側 | ネストエッグ様


初期のメディア設計にはかなりの時間をかけ、目指すメディアの認識を擦り合わせながら進行しました。ディレクターだけでなく、デザイナーや編集者にも打ち合わせに参加していただいたおかげで、理想とするトンマナに解離が生まれず、安心して制作をお願いすることができました。コミュニケーションを頻繁に取ることができたので嬉しかったです。


メディアサイトの世界観とコンテンツの世界感を統一することができたので、ライターに「こういった世界観のコンテンツを書きたい」というのが予め共有できました。社内では、メディアをひとつの武器としていかに活用するかという議論が生まれていて、finbeeを世の中に広めていくための可能性が広がっているなと感じています。