Webコンサルティングの費用・内容とは?本当に効果のあるサービスを選ぶために|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

Webコンサルティングの費用・内容とは?本当に効果のあるサービスを選ぶために

2020-04-22制作・開発

「Webコンサルティング」は、Webサービスの効果を高めるための手段の1つです。しかし、Webコンサルティングと一言に言っても内容は細かく、多岐に渡ります。

Webコンサルティングは実際どのような内容で行われるのか、費用面や費用対効果など、不明瞭な部分が多いからこそ、依頼が本当に必要なのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、効果のあるWebコンサルティングとは何なのか、事例も交えて詳しく解説していきます。


1.Webコンサルティングが必要な理由

今や企業がWebサイトを持つのは当たり前になってきました。Webサイトはうまく活用すれば立派なマーケティングツールとなります。Webサイトを持つだけではなく、Webコンサルティングを取り入れて戦略的に企業経営に活用していくと良いでしょう。

Webコンサルティングを行うべき理由は大きく2点、「予算・リソースが限定されること」「Web戦略には専門知識が必要なため」です。


1.1.予算・リソースが限定される

ブランディングやリクルーティングを目的として、ただカッコイイだけのWebサイトに予算やリソースを費やすのは効率が悪いといえます。

Webサイトはユーザーとのタッチポイントとなるため、Webサイトに訪れたユーザーの達成すべき目的、行動目標を明確にしてWebサイトに戦略を組み込まなければ、Webサイトの存在意義が問われます。

Webサイト運営にかける予算とリソースが限定されているからこそ、WebコンサルティングによりWebサイト自体に戦略を持たせる必要があるのです。


1.2.Web戦略には専門知識が必要

Web戦略と一言に言っても、テクノロジーは日々進化を遂げているために複雑化しています。例えばWebサイトのSEOを強化するための戦略として、単に指定のキーワードをページ内に盛り込めば良いという訳ではありません。

また昨今では、動画やSNSを広告手段として取り入れることが流行っていても、サービスによっては正しく媒体を選ばなければ広告効果を得られることはできません。

Webサイトの問題点を洗い出しWeb戦略をしっかり構築するためには、様々な経験とノウハウを持ったプロの専門知識が必要となります。


2.Webコンサルティングの費用体系

Webコンサルティングを受けることが有益とはいえ、費用がとても高いイメージがあることでしょう。

しかしコンサルティング費用は大きく「スポット報酬」「成果報酬」「定額報酬」と3つに分けることができ、予算に合わせたWebコンサルティングの依頼が可能です。


2.1.スポット報酬

単発や短期のWebコンサルティングに対して報酬を支払うパターンです。コンサルティングのボリュームや難易度によって費用が大きく変動します。

例えば相談に対して、Webサイトのデザインやユーザー動線などをリサーチしてアドバイスする程度であれば費用も安価となります。

しかしユーザーの行動目標を明確にして、Webサイトの問題点の洗い出しから具体的な改善のアドバイスなどになると費用は上がります。

また単発の他にも、新しいサービスの立ち上げや、それに伴う広告出稿、サイトリニューアルなど、プロジェクト単位のWebコンサルティングもスポット報酬に区分されます。


2.2.成果報酬

Webコンサルティングにより、得られた成果に対して報酬を支払うパターンです。基本料金があり、目標に対して達成できた分を追加で支払います。

Web改善プロジェクトに対して、プロジェクト期間、改善項目、コンバージョン数含む各kPIを設定し、実行の難易度により成果報酬額も変動します。


2.3.定額報酬

月額料金を定め、中長期のWebコンサルティングに対して報酬を支払うパターンです。

中長期に及ぶWebコンサルティングの場合、Webサイトのアクセス解析、競合分析、SEO対策のための更新を請け負ったり、定期的な企業訪問でWebサイトの新しい提案などを行います。また広告の提案を行うこともあります。

月額料金としては一定ですが、こちらもコンサルティングの難易度によって費用は大きく変動します。


3.Webコンサルティングの内容と費用相場

Webコンサルティングは、Webの専門家が相談に乗りアドバイスを行うということは、一般的に知られています。しかし実際の業務内容はとても不明瞭です。

コンサルティングの内容、費用相場など高いのか安いのかよくわからない、曖昧な世界です。

実際にWebコンサルティングを行うために、特別な資格は必要ありません。Webに造詣していれば誰でもWebコンサルタントを名乗れます。

だからこそ依頼者側は、正しい専門知識を持ったプロのコンサルタントが行うWebコンサルティングの内容と費用相場を理解しておく必要があります。

プロが行うWebコンサルティングは大きくわけて2つで、「業務支援系」「戦略支援系」があります。それぞれがどのようなWebコンサルティングか、一般的な費用相場とともに紹介します。


3.1.業務支援系のコンサルティング

業務支援系のコンサルティングとは、企業の既存のサービスやWebサイトを活用し、スポット報酬のコンサルティングやSEO対策中心の提案・実践を行なっていく方法です。

スポット(単発の)コンサルティングでは、研修やセミナーを開催してWebマーケティングの知識やノウハウを企業へ共有したり、担当者へ教育して企業内部から成果につながる動きができるようにサポートを行います。

SEO対策中心のコンサルティングでは、既存WebサイトのSEOを強化するためにキーワード分析やコンテンツの見直しを行います。サイトの状態によってはWeb制作を行い、SEOに効果的なWebサイトを提供します。

業務支援系コンサルティングの場合、期間や業務内容により異なり月額10万円から、プロジェクト単位で1,000万以上になるコンサルティングプロジェクトもあります。


3.2.戦略支援系のコンサルティング

戦略支援系のコンサルティングとは、既存のサービスやWebサイトの活用から、新規サービスの提案、新規Webサイトの制作など、幅広く戦略策定を行う方法です。

コンサルティングの内容はWebマーケティング全体のコンサルティングから、場合によっては経営全体までに踏み込むようなコンサルティングになることもあります。業務支援系のコンサルティングに比べ、より企業の深部に入り込みます。

戦略支援系コンサルティングの場合、一般的な費用相場はプロジェクトにより異なりますが、プランニングとして100万~、実施、運用まで含めると年間で1億円以上にもなるプロジェクトもあります。


4.GIGが行ったWebコンサルティング事例

GIGでは様々なWebサービスの企画、開発、SEOコンサルティング、コンテンツマーケティング、プロモーションなどに携わった経験から、幅広いWebコンサルティングを提供しています。

実際のWebコンサルティング事例を紹介します。


4.1.事例1:株式会社ネストエッグ様 be-topia-オウンドメディア制作/開発

貯金アプリ「finbee」へのユーザーを送客することを目的に、オウンドメディアである「be-topia」のサイト制作からメディア運営まで一貫して担当しました。

finbeeは2016年のローンチ以来、広告中心の集客施策により貯金意欲がある顕在層を多く獲得されたため、潜在層へのアプローチとしてオウンドメディアの立ち上げを決められました。

Webメディアの立ち上げコンサルティングとして、ペルソナ設定、カスタマージャーニー作成を行った上で、コンテンツ設計、情報設計をし、潜在層へfinbeeをアプローチできる動線を取り入れて開発しました。

メディアサイトのローンチ後もサイトのアクセス解析をして、最適なサイト運用となるようにサポートしています。

be-topia - オウンドメディア制作/開発

「取材されたい・記事を書きたい」と反響があるメディアへと成長した『be-topia』誕生の裏側 | ネストエッグ様


4.2.事例2:Chatwork株式会社様 サービスサイトのリブランディング、マーケティング支援、制作及び開発

国産のビジネスチャットツールとして広く使われている「Chatwork」のサービスサイトのリニューアルを担当しました。ブランディング強化、広告最適化を目的としたリニューアルだったため、短期間での開発が求められました。

提案段階からキービジュアルを複数制作してご提案し、業界ナンバーワンのコミュニケーションツールとしての「信頼感」と「安心感」が伝えられるよう、コンセプト設計からデザインまでしっかりこだわりました。

SEO対策としてキーワード分析、競合分析も行いながら制作へ取り入れることで、Webマーケティングに強いサイトの開発ができました。

Chatwork - サービスサイト制作/開発


4.3.事例3:サンフロンティア不動産様 そのまんまオフィス サービスリブランディング、Webマーケティング企画、コンテンツマーケティング、実行支援

居抜きオフィス・セットアップオフィスに特化した物件紹介サービス「そのまんまオフィス」のサービスサイト制作、システム開発を担当しました。同サイトは約10年間改修されていなかったために時代にそぐわないものになっており、コンテンツからのリード獲得を目指したリニューアルとなります。

開発のコンサルティングとして、ブランドイメージの確立とUIを考慮した上でコンセプト設計を行い、サービスサイトの開発をしました。システムにはGIGが開発・提供しているリード獲得に特化したCMS「Leadgrid」を導入し、管理画面の操作性が向上しました。

多角的にリード獲得のため、キーワード分析、競合調査を行いコンテンツ制作から運用、保守まで実行し、長期的にサポートしています。リニューアル後は会員数が増加中です。

サンフロンティア不動産様 - サービスサイト制作/開発


5.GIGのWebコンサルティング費用と内容

GIGのWebコンサルティングは、ペルソナ設計、カスタマージャーニーマップ、競合調査、ユーザ調査、プロトタイプ制作など、上流工程から、SEOコンサルティング、コンテンツマーケティング、SNSマーケティング企画などWebマーケティング支援、デザイン、システム開発と多岐に渡ります。

実際にGIGが行なっているWebコンサルティングの費用と内容について紹介します。


5.1.キーワード設計、ペルソナ設計、UXリサーチなど、スポットコンサルティング:50万~500万円

競合調査、キーワード設計、コンセプト設計、情報設計、ユーザーインタビュー、UXリサーチなど、マーケティング戦略、SEOコンサルティングのご提案をします。継続的なコンサルティングの場合は、定期的な広告効果測定やアクセス解析など行い、PDCAを回して戦略を強化していきます。

WEB MARKETING


5.2.業務支援系開発プロジェクトのシステムコンサルティング:300万~5,000万円

主に業務フロー設計、プロセス設計、機能要件設計、非機能要件設計、要求定義、要件定義、システムアーキテクチャを担当し、Web戦略、Webシステムのご提案をします。システム開発、UIデザイン、インフラ構築、システム保守運用などもお任せください。


5.3.新規サービス立ち上げコンサルティング:500万~8,000万円

新規でWebサービスを立ち上げの場合は、競合調査、UXリサーチから始まり、業務フロー設計、要求定義、要件定義、システム設計、UIデザイン、サービス開発、インフラ設計、システム保守、DevOpsなど全てを一気通貫で行っています。プロモーション企画、SNS広告のご提案も可能です。


6.Webコンサルティングのご相談はGIGまで

デジタルシフトが加速し、Webからの集客が主流となり、Webマーケティング手法は多様化し複雑化する一途である昨今、プロのWebコンサルティングでWebマーケティングの強化を図ることは、ビジネスの必須と言っても過言ではありません。

GIGでは、クライアント企業へヒアリングを重ねることで、集客に対する問題や目標を明確にして、クライアント企業それぞれに最適なWeb戦略をご提案・実行を行なっております。多方面にWebコンサルティングを行なってきた経験で、効果的なWebコンサルティングをご提供します。

Webコンサルティングのご相談は、お気軽にGIGまでお問い合わせください。

GIGblog編集部

株式会社GIGの社員によって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。