会員制サイトのシステム開発で注意すべきポイント。制作会社が解説!|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

会員制サイトのシステム開発で注意すべきポイント。制作会社が解説!

2021-04-03制作・開発

継続的なリード獲得や収益増加を見込める、会員制サイト。運営を検討中の法人さまも多いでしょう。

サイトに会員システムを導入することで、会員情報やユーザー属性を把握でき、またそのデータをもとに情報分析や戦略設計ができるため、プロモーションの効率化にもつながるでしょう。

この記事では、会員制サイトをつくるメリットや、システム開発のステップなどについて、事例を交えて具体的に紹介していきます。


会員制サイトとは?

会員制サイトとは、文字通り会員だけがアクセスできるクローズドなサイトです。誰でもアクセスできるサイトではなく、あえて会員だけにアクセス権を与えることで、優良顧客との関係を強化できる点が特徴です。

しかし、誰でもアクセスできるサイトとは異なり、会員情報の管理やサイト構築が複雑になりやすいのも事実。そんな会員制サイトの裏側で活躍する、会員情報を利用しやすくするためのシステムを「会員管理システム」と呼びます。

会員管理システムを導入することで、顧客データや決済管理を適切に管理できるため、CRM向上につなげることが可能です。

ただし、会員の個人情報を扱うため、セキュリティ対策が必要不可欠です。この点は会員管理システムで管理者の権限設定を行うことにより、安全に顧客データを管理できるようになります。


会員制サイトに必要な機能

会員制サイトを構築する際には、設計/デザイン/実装/サーバー構築/セキュリティ対策など多岐にわたる作業が必要です。

また、会員制サイトを支える会員管理システムに必要な機能には、おもにに下記のものが挙げられます。

  • 会員機能
  • ログイン機能
  • メッセージング機能
  • 検索機能
  • 管理画面
  • ステータス管理
  • 決算管理

会員管理システムには、最低限これらの機能が必要です。しかし、企業やユーザーのニーズによっては独自の機能が必要になる場合があります。


会員制サイト構築のメリット

会員制サイトを構築することで得られるメリットにはさまざまなものがあります。ここでは、具体的なメリットをご紹介します。


メリット1. 既存顧客と継続的につながれる

ユーザーを会員制にすることで、既存顧客(あるいはホットリード)を可視化でき、サービスやコンテンツ、商品などの購入につながる継続的な情報提供ができます。

さらに、会員制サイトにクレジット決済機能を追加することで、会費やサービスへの支払いを自動化できます。質の高い会員特典を提供し続ける必要はありますが、自動化によって会員継続率が高まり、安定した収入源への成長が期待できるでしょう。


メリット2. 限定コンテンツを配信できる

会員に対してだけ提供する、限定コンテンツを活用した施策が簡単にできるようになります。会員は限定コンテンツが供給されることで会員の価値を再確認できるでしょう。

なお、限定コンテンツの一部を文章や動画などにして非会員にも配信することで、会員登録の動機付けができます。限定コンテンツは希少価値が生まれやすく、ユーザーの購入率も高まるでしょう。


メリット3. ユーザーとの関係性を強化できる

会員登録者に「会員様」と呼びかけるのではなく、「〇〇さん」のようにパーソナライズして呼びかけることで、個人に特化したコミュニケーションを取れます。これにより、関係性の強化が期待できるでしょう。

親密度を上げることによって、サービスやコンテンツ、商品などの継続購入につながりやすく、会員の自発的な勧誘を通じて新たな会員の獲得率も高められるでしょう。


会員制サイト構築の注意点

多くのメリットがある会員制サイトですが、構築する前にあらかじめ注意点を理解して、無駄な手間や出費が発生しないよう意識する必要があります。。会員制サイト構築の際には、以下の点に注意しましょう。


注意点1. 仕様変更は慎重に

会員制サイトの仕様がいきなり変わることは、ユーザーのストレスの原因になりかねません。なるべく仕様変更が必要ないよう、最初から高クオリティなサイトをつくることを意識しましょう。仕様変更の際は、統一性や操作性に配慮するよう注意が必要です。

仕様変更のコツは、不要な情報はできる限り排除し、シンプルに利用できる仕様に変更することです。


注意点2. 運用手順を整備する

会員制サイト構築の際には、会員管理システムがもつ情報提供の効率化やマーケティングデータの蓄積などのメリットを最大限活用したいもの。そのためには、会員制サイトを利用する流れを踏まえた運用手順の整備が必要です。

また、会員管理システムを運用する担当者が複数の場合には、簡単でわかりやすい操作や運用方法が求められます。システム構築の際には、データ活用の手順や情報更新の方法を整備しておくと良いでしょう。


会員制サイト構築の流れ

会員制サイト構築は、おおむね次のような流れで進めていきます。


ステップ1. ヒアリング/見積もり

クライアント企業へのヒアリングを行い、会員制サイトの運用や会員管理システムを構築することで何を実現したいのか明確にします。

仕様変更の際に、自社で望んでいた内容とズレが起きないよう、GIGではヒアリングを入念に行います。


ステップ2. 要件定義

要件定義とは、クライアントの要求をまとめ、どのようにシステム化していくか決めることを指します。たとえば、会員権を購入した会員だけがアクセスできるサイトをつくりたいとリクエストされた場合、「会員を照合できるシステムが必要だ」と定義する。そんなイメージです。

その他、クライアントの要求を実現するためにどのような手段があるのか明確にイメージしたり、エラー動作を想定したりするのもこの工程です。


ステップ3. システム開発

ヒアリングや要件定義をもとに、具体的なシステム開発、デザイン制作、CMS開発などを行います。この工程までで会員制サイトや会員管理システムの質がほぼ決定するので、システム開発をどの会社に委託するかは重要な判断になります。


ステップ4. 保守/運用

会員制サイトを構築しただけでは、システム運用の際に予期せぬエラーが起こったり、仕様変更による操作ミスが起きたりすることがあります。

そのような事態に対応するため、保守/運用は可能な限りプロのサポートを受けましょう。システム開発会社によって、保守/運用まで面倒を見てくれるか、開発だけのサポートかは異なるので、委託先選びの基準にもなります。


会員制サイト構築事例

GIGでは、Web全般の幅広い構築/開発経験を活かし、質の高い会員制サイトや会員管理システムを構築してきました。最適なデザインや情報設計、システム管理者が使いやすい管理画面の構築までを支援いたします。


事例1. サンフロンティア不動産 様

サンフロンティア不動産様のマッチングサイト『そのまんまオフィス!』では、会員管理システムの開発や、会員制サイトの構築を担当しました。

以前のサイトは約10年改修されておらず、管理画面の操作性にも改善の余地がありました。更新可能な情報が物件情報やプレスリリースのみと、コンテンツからリード獲得に繋がりにくい状態だったため、新たに会員制サイトを構築しました。

具体的には、サイトの運用負荷を下げて分かりやすい操作性の管理画面を設計し、多角的にリード獲得する施策として、コンテンツ制作まで行いました。

会員制サイト構築後には、会員数が増加し、コンテンツなどのクオリティに満足しているとのお声をいただきました。


制作実績 | 東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

BtoBの不動産全般を扱うサンフロンティア不動産様が運営する、居抜きオフィス・セットアップオフィスに特化した物件紹介サービス『そのまんまオフィス』の、サービスサイト制作 / システム開発を担当しました。

giginc.co.jp

og_img


事例2. 日本航空様


日本航空(JAL)様が運営されている旅コミュニティサイト『trico(トリコ)』では、コンテンツ制作を中心に会員制サイトの活性化を支援いたしました。

他社とも比較されるなかで、GIGのしっかりとしたコンセプト設計、コンテンツ制作の質を評価され、ご依頼をいただきました。

現在、『trico』はユーザーの投稿数が毎月3,000件を超えるコミュニティサイトに成長しております。また、日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会が主催する、第7回Webグランプリコーポレート部門では優秀賞を受賞しました。


制作実績 | 東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

日本航空株式会社様が運営する旅コミュニティサイト『trico(トリコ)』のコンテンツ企画・制作を担当させていただきました。

giginc.co.jp

og_img


会員制サイトのシステム開発のご相談はGIGまで

GIGでは、予算に応じた最適なシステム構築から保守/運用までのトータルサポートが可能です。クライアント企業に寄り添い、業務改善や課題解決に向けた支援を行っています。

また、GIG独自で開発した機能/アルゴリズムモジュールを用いることで、あらゆるご要望に対して、初期構築費用を抑えながらの会員制サイトのシステム開発を実現しています。

会員制サイト構築をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

GIGの会社紹介資料はこちら

GIGblog編集部

株式会社GIGの社員によって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。