コーポレートサイトを制作するなら知っておきたい流れとポイントとは|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

コーポレートサイトを制作するなら知っておきたい流れとポイントとは

コーポレートサイトを制作するなら知っておきたい流れとポイントとは
TECH

Webマーケティングの進化により、企業のコーポレートサイトのあり方も変化しています。ただWebサイトがあればいい、というものではなく、採用強化やリブランディングなど、目的に応じて自社のコーポレートサイトが適切であるかを見直し、さらに一歩踏み込んだコーポレートサイトの運用も行うことで、コーポレートサイトは事業成長を支える重要な柱へとなるでしょう。

GIGでは様々な企業のコーポレートサイト制作・リニューアルに携わってきた経験から、目的に応じた最適なコーポレートサイト制作をご支援しています。そこで今回は、コーポレートサイトを制作する上で知っておくべき制作の流れと、各フェーズにおけるポイントをご紹介いたします。

 

 

はじめに:コーポレートサイトの役割とは

「自社のコーポレートサイトが古くなったから、リニューアルしたい」というご相談は、GIGでも非常に多くいただきます。しかし、Webサイト制作は費用と時間を要するものであり、事業成長に結びつかないコーポレートサイトは、企業利益を損なうものになってしまいます。

そしてコーポレートサイトは、目的に応じて大きく下記のように分けられます。

・メディア(ブログ)型コーポレートサイト
・多言語型コーポレートサイト
・採用重視型コーポレートサイト
・ブランディング重視型コーポレートサイト
・プロダクトサイト型コーポレートサイト
・IR重視型コーポレートサイト
・ゲートウェイ型コーポレートサイト

上記のように、何を優先するかを明確にすることで、コーポレートサイト自体のサイト構成やデザインが変わることはもちろん、運用体制も変わってきます。

そこでGIGでコーポレートサイトを制作させていただく場合は、お客様の企業が抱える課題をヒアリングさせていただき、コーポレートサイトで何を実現すべきかを明確にすることを重要視し、開発のみではなく、コーポレートサイトの戦略構築からご支援しております。

 

コーポレートサイト制作における流れとポイント

STEP01. ブランド構築・戦略構築

 
サービスサイト同様、コーポレートサイトにおいても戦略構築は重要です。コストをかけて制作する以上、その制作物からどういった結果を得たいのか、またどう結果を出していくのかを戦略構築時に決めていきます。

特に重要視すべきは、ターゲット選定です。コーポレートサイトのターゲットは目的に応じて、求職者、新規・既存顧客、またIR重視であれば投資家の方々がターゲットユーザーになりえます。
そして「企業の顔」とも言えるコーポレートサイトをターゲットユーザーにどう見せていくべきか、ブランド構築のための設計も戦略構築フェーズにて行うべきでしょう。

またコーポレートサイトが機能しているかどうかを分析するための適切なKPI設定、分析環境の構築を実現するために、コーポレートサイトの目的に応じたコンバージョンポイントを設置し、コンバージョンに至るまでのターゲットユーザーの行動シナリオを描いていくことも重要です。

▼戦略構築フェーズにおけるポイント

・コーポレートサイトの目的は何か?
・ターゲットユーザーは? 優先順位は?
・ターゲットユーザーの訪問動機は
・現状のコーポレートサイトの課題は何か?
・どのような企業にしていきたいか?
・Webサイトのゴールは? コンバージョンポイントは?
・どのようなスケジュールで進めるべきか?

▼戦略構築フェーズにおけるアウトプット

・ペルソナ設計
・ブランド設計
・コンセプト設計
・カスタマージャーニー
・競合調査
・WBS
・プロジェクト計画書

 
参考:
Webコンサルティング・アクセス解析の取り組み
Webマーケティング戦略の考え方とは
効果的なSEO内部施策・キーワード設計とは

 

STEP02. 企画・設計

 
企画・設計フェーズでは、コーポレートサイトにどういったコンテンツを載せていくか、どういった情報をどう見せていくべきかなどを企画・設計していきます。

コーポレートサイトは、ただ企業の情報が掲載されていれば良いというものではありません。企業の強みをしっかりとコンテンツに落とし込むことが大切です。企画・設計フェーズでは、あらためて自社の強みは何なのかを掘り下げていきます。

なお、コーポレートサイト制作といえど、制作期間や予算は実現したいことによって大きく変動します。企業活動として最大限の費用対効果を生み出すためにも、しっかりと企画・設計を行い、スケジュールの遅れや余分な費用が発生しないようコントロールすることが重要です。

またコーポレートサイト制作の企業のご担当者は、通常業務と兼務のケースがほとんどです。社内への調整なども多く発生するプロジェクトとなるため、GIGではご担当者様が資料のみでも社内調整が可能になるような、スムーズなプロジェクト進行をサポートしています。

▼企画・設計フェーズにおけるポイント

・企業の事業形態はどのようなものか?
・企業の目的、ビジネスゴールは何か?
・企業の強みは何か?
・誰に何をどのように伝えるのが良いのか?

▼企画・設計フェーズにおけるアウトプット

・ワイヤーフレーム
・要件定義書
・設計書
・ディレクトリマップ
・コンテンツ原稿
・サイトマップ

 
参考:
企業サイト制作・コーポレートサイト制作の進め方
採用サイト制作・リクルートサイト制作の進め方

 

STEP03. 開発(デザイン/システム)

 
ブラウザのアップデート、スマホやタブレット等のユーザーの閲覧環境の変化などにより、Webサイトのデザイントレンドは数年単位で大きく変化していきます。そのため、サイト制作ではトレンドを押さえたWebデザインを実装することが理想的です。

海外のデザインアワードを受賞、大手企業様からご発注をいただくなど、GIGではサイトデザインにおいて定評をいただいており、トレンドを押さえ、かつ機能的なWebサイトの構築をサポートしております。

なお、開発フェーズでは、スケジュールの遅延が起きてしまう要素が多く存在します。ガントチャートを用いたプロジェクト管理、余裕を持った修正期間の設定など、求めているコーポレートサイトが期間内に正しく制作されるよう注意が必要です。

▼開発フェーズにおけるポイント

・企業ブランドに最適なデザインとはどのようなものか?
・企業の強みを表現する最適なデザインはどんなものか?
・ビジネスゴール、ターゲットユーザー、ユーザーシナリオに合わせた最適な動線はどのようなものか?
・WordPress等のCMSやMAなど、マーケティングツールの導入は必要か?

▼開発フェーズにおけるアウトプット

・トーン&マナー設計
・デザインガイドライン
・ブランドガイドライン
・デザインデータ
・撮影写真データ
・運用ガイドライン
・改善提案
・テストシート
・納品データ

 
参考:
CMS構築・WordPress開発のポイント
伝わるコンテンツ企画・インタビュー制作の進め方
グラフィック制作の取り組み

 

04. 運用・保守(システム保守、サーバー保守)

 
コーポレートサイトの目的に応じて、運用が必要なケースもあります。目的を達成するために、どういったリソースで運用を行っていくか、またどういった頻度でコンテンツを更新していくかなど、運用方針をあらかじめ決めておくことが重要です。

そしてWeb上での施策は様々な計測により、根拠のある改善施策が実施可能です。もしお客様の社内で改善のためのリソースがない場合、GIGでは分析から改善施策のご提案まで行っております。

なお、Webサイトはセキュリティホールがないよう開発をしていても、外部要因によりセキュリティ状況は常に変化していきます。特にコーポレートサイトにおいて、セキュリティトラブルは企業の信頼性にも関わるため、しっかりとシステム保守を行うことが重要です。

また、メディア露出等による急なアクセスアップなど、その時々の状況に応じるためにもサーバー監視・保守もケアをする必要があります。

▼運用・保守フェーズでのポイント

・更新 / 運用ルールは最適か?
・サイト改善のために運用体制が構築されているか?
・ログ解析 / 数値測定はどの程度の頻度で行うべきか?
・広告やSNSなど、集客に最適な方法は何か?
・運営に必要な教育体制はどうすべきか?
・保守はどうすべきか?
・サーバの負荷状況は?

▼運用・保守フェーズでのアウトプット

・運用マニュアル
・A/Bテスト
・タグ設計
・ログ解析
・改善提案
・広告運用
・SNS運用
・システム保守
・サーバー保守

 
参考:
Webサイト・サービスサイト運用の取り組みと考え方
サーバ保守・システム保守の重要性
関係者間で把握するアクセス解析・分析の方法

 

コーポレートサイト制作のご相談

GIGはコンセプト設計からデザイン制作、CMS開発、WordPress開発、運用、グロースハック、グラフィック制作まで、一貫して対応することが可能です。ぜひご支援できる事がありましたらお気軽にご連絡ください。

ウェブ制作、システム開発の制作実績を見る
ウェブ制作、システム開発の制作事例インタビューを読む
ウェブ制作、システム開発の問い合わせはコチラから

RELATED ARTICLES