幅広いデザインスキルで、よりクリティカルな提案をしたい – デザイナー・千田 崇史|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

幅広いデザインスキルで、よりクリティカルな提案をしたい – デザイナー・千田 崇史

2022-07-27 カルチャー

GIG社員インタビュー第56回目は、デザイナーの千田 崇史さんにお話を伺いました。

千田 崇史(せんだ たかふみ):大学時代はメディアデザインを学ぶ傍ら、デザイン制作会社でアルバイトをして下積みの経験を積む。その後、印刷会社とWeb制作会社にて、主にWebデザイン・写真・動画・チラシ・名刺など、幅広い媒体のデザイン制作を経験した後、2021年10月 GIGにジョイン。現在はクリエイティブ事業部のデザイナーとして、クライアントワークを行なっている。


自分が成し遂げたいことを振り返ったとき、GIGに応募してみようと思った

―前職ではどんなことをされていましたか?

社員が4人ほどの、ちいさな制作会社でWebデザインやロゴデザイン、紙媒体のデザイン、動画編集など幅広い媒体のデザインを担当していました。少数精鋭という言葉がぴったりな会社で、案件は一人で回していることが多かったですね。

学生時代からデザインがずっと好きで、その会社での仕事もやりがいと成長を感じながら取り組んでいましたが、ある時、会社の経営スタイルが大きく変革し、デザイナーの裁量が少なくなってしまうタイミングがありました。その時、「本当に自分が成し遂げたいことは今後達成できるのだろうか」と考えるようになり、転職を決意しました。

―なぜGIGなら「自分の成し遂げたいことが達成できそう」と感じたのでしょうか? GIGを知ったきっかけを教えてください

デザイナーという職業上、より優れたデザインのWebサイトを定期的に探してブックマークするようにしています。そこで出会ったGIGのコーポレートサイトは「上手に自社ブランドをデザインで表現できている素敵なサイトだな」と思っていて、いずれインスピレーションを得るきっかけになればと思い、クリップしたことが、GIGを知ったきっかけです。掲載されている実績も大手からベンチャーまで豊富にあり、クライアントの課題や意思をしっかりと考慮して考え抜かれたデザインを見て、自分もこの組織の中で同じようにデザインを生み出していきたいと思い、応募させていただきました。

他社の面接と比較し、とても話しやすく、実績もしっかり見て評価してくれた印象がありました。今後の展望を伝えると共感してもらえたことに加え、この短時間の中でもGIGメンバーの人柄の良さや人情味を強く感じ、GIGへの入社を決めました。


意見をもらいながら仕事ができる環境でデザインの幅が拡がった

―「やりたいこと」は実現できていますか?

GIGに入社してから、その「やりたい」は叶えられたと思っています。Webサイトって、企業のブランディングに関わる部分だと思っているんです。僕はそのブランディングの部分をデザインという手法で作っていきたいと思っていて。

以前の会社では、主にメールでクライアントとやりとりをしていましたが、GIGはデザイナーがプロジェクトの初期段階から参画し、クライアントと密にお話する機会が多いんです。直接お話をすれば、感じ取れる熱量ももちろん違うし、課題点も鮮明になるので、よりクリティカルなアウトプットをすることが可能となりました。完成した後、デザインを通じて会社のブランディングの一翼を担えたという達成感も大きかったですね。

―現在のチームはどんな雰囲気ですか?

とても風通しがよく、モノづくりやデザインに対してまっすぐに向き合っているチームだと思います。前職ではほぼ一人でデザインを回していたため、もくもくと作業をすることの多かった自分にとって、複数名デザイナーが在籍する組織(2022年6月現在、会社全体で約10人のデザイナー・アートディレクターが在籍)で仕事ができると、いろんな意見が聞けるので、新たな発見もありおもしろいです。

今振り返ってみると、入社してからさほど経っていない(取材時、入社半年)にも関わらず、表現の幅がぐっと拡がったことを感じます。それはさまざまな特技や特徴を持ったデザイナーと一緒に仕事ができたことも大きな要因のひとつ。表現の幅が拡がれば、クライアントからの要望にも高い精度で応えることができます。クライアントが当初悩んでいた課題に対して、高い効果が見込めそうなデザインを試行錯誤して考え、それを提案した後に納得の表情を見ることが出来た時には、やっぱり嬉しく感じますね。


デザインが好きだから、難題に挑戦することが楽しく思える

―GIGではどんな人が活躍していると思いますか?

現状に満足せず、常に前進し続けている人、だと思います。クライアントへの提案などで上手くいった時は当然嬉しく思いますが、そこで満足してしまうと、成長が止まってしまいます。その嬉しさはしっかり胸に留めながらも、常に成長を意識して前進し続けている人が、結果を出しているなと個人的には感じています。

―これからGIGで挑戦したいことを教えてください!

挑戦というワードがしっくり当てはまるかは分かりませんが、自分が興味を持てた事には全力でコミットしていきたいと思っています。過去、学生時代からデザインに興味を持つようになり、そこから現在までデザインをやり続けてきたからこそ、今のデザイナーとしての自分があると思っています。今後もこれをもっと大きくしていき、実力を高めてさらに大きなプロジェクトに携わっていきたいです。

―ありがとうございました!!


GIGでは、一緒にGoodなセカイを創っていくメンバーを募集しています!

現在GIGでは、デザイナー職をはじめとしたメンバー募集を積極的におこなっています。新卒も積極採用中です!

「一緒に仕事がしてみたい!」という方。Good is goodな世界を目指して、ぜひ一緒にたくさんの挑戦をしていきましょう。

話を聞いてみたい方も歓迎です。お気軽にご連絡ください。

GIG BLOG編集部

株式会社GIGのメンバーによって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。