不動産管理システムとは?開発メリット・注意点から企業事例まで徹底紹介|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

不動産管理システムとは?開発メリット・注意点から企業事例まで徹底紹介

2021-01-08制作・開発

不動産業を行う企業では、物件情報や個人情報など取り扱う情報量が多くなり、情報管理に手間と時間がかかってしまうのが業務上ネックとなります。

そういった背景もあり、不動産管理システムを導入する企業も多いです。不動産管理システムでは、情報管理を一元化することができます。

今回は、不動産管理システム開発方法から開発事例などをご紹介していきます。記事を参考にして、自社に合った不動産管理システムを開発しましょう。


1. 不動産管理システムとは?

不動産管理システムとは、不動産情報の管理を効率良く行う専用システムのことです。不動産会社ではエクセルなどの表計算ソフトを管理システムとして利用されていることが多いですが、読み込み速度が遅くなってしまったり、記入漏れが発生したりすることが問題視されてきました。

しかし、不動産システムではデータがすぐにサーバーに反映がされるため、読み込み速度が遅くなるということを防ぐことができます。不動産管理ソフトの動作環境には、以下の2種類があるので確認しておきましょう。


1.1 オンプレミス

オンプレミスは、自社の中で管理システムを保有して、自社内のサーバーやネットワーク、ソフトウェアなどの設備によって運用することを指します。

オンプレミスを利用することのメリットとして、下記が挙げられます。

  • 自社内で運営をしているため、セキュリティーが安心

  • カスタマイズに応用が効く

  • 社内システムとの統合・連携がしやすい

上記のようにメリットが多く挙げられますが、オンプレミスにはサーバーやソフトウェアなどをすべて自社で用意する必要があります。かなりの初期コストが必要になり、構築までに日数がかかるので注意しましょう。


1.2 クラウド環境下での開発

クラウド環境化での開発とは、AWSなどインターネット上のクラウドサーバで開発することを指します。不動産管理システムをクラウドサーバ上で利用することのメリットとして、下記が挙げられます。

  • 初期のサーバ構築費用を抑えることができる

  • システム障害の対応を任せられる

  • システム構築までの日数が短い


2. 不動産管理システムの主な機能

不動産管理システムの主な機能を理解しておくことで、開発をする際に構築日数の短縮につなげることができます。また、機能追加の漏れも防ぐことができるでしょう。

以下では、一般的に不動産管理システムで必要とされている基本的機能を紹介します。


2.1 物件情報管理

物件情報管理では、土地や物件の詳細情報や賃貸物件の成約状況などの管理を行います。借りたいと思っている方には、正確な情報を届けることが必要です。誤った情報を伝えてしまうと信用問題につながるので、物件情報管理は重要な機能の1つです。


2.2 不動産売買管理

不動産の売買をする際には、金額が大きく登記が必要になります。したがって、不動産会社が仲介に入るのが一般的で、売り手と買い手に関わる情報の管理項目が多いのが特徴です。

不動産売買管理をするためには、企業情報や個人情報などの情報漏えいを防ぐために、セキュリティー強化をする必要があります。


2.3 賃貸物件管理

賃貸とは、アパートやマンションなどを保有しているオーナーが使用収益を目的に他人に貸し出すことです。不動産管理システムには、不動産投資の対象になる物件と貸し手と借り手の情報を管理する機能が必要になります。


2.4 マンション売上管理

マンション売上管理は、土地の企画開発や土地購入、契約、販売、引き渡しなど、マンションに関して売上が発生するプロセスを管理することです。

また、管理するだけではなく、マンションの契約発行申し込みや決済処理までのサポートをすることも含まれます。


2.5 不動産仲介業務

不動産仲介業務とは、不動産を賃貸として貸したり、売買する際に、借主(売主)と貸主(買手)の仲介役として業務を行うことです。

具体的には、売買契約書や賃貸契約の成立に向けて業務を行います。その契約時に発生する手数料が、不動産仲介業務の収益となります。


3. 不動産管理システム開発のメリット

不動産管理システムを開発するタイミングは、ホームページ上に物件情報を開示したり、Web上での集客から物件管理までをワンストップで提供したりするときです。業務が増えたり、管理する物件数が増えたりしたときに情報量が多くなることが多いでしょう。

現在、不動産を管理する上で問題を抱えている企業は、不動産管理システムを開発することで解決できる可能性が高いです。


3.1 集客力が高まる

不動産管理システムを開発する一番の理由として挙げられるのは、集客力を高めることです。不動産会社は不動産系のポータルサイトから流入に頼りがちですが、自社サイトからも顧客を獲得できるよう改善する必要があります。

不動産管理システムを導入することで、お問い合わせいただいたユーザーや、契約いただいたユーザーの情報を記録することができます。記録された顧客情報を活用することで、リピート施策にも繋げられるでしょう。


3.2 セキュリティーの向上

不動産を扱うということは、個人情報も一緒に扱うということです。したがって、不動産会社には万全のセキュリティー対策が必要になります。

不動産管理システムを導入することによって、個人情報や不動産情報のデータを一元管理することが可能なので、セキュリティー向上につなげることができます。

また、セキュリティー機能がある管理システムを利用することによって、情報の書き換えなどの不正を防ぐことも可能です。


4. 不動産管理システム開発の注意点

不動産管理システム開発をすることはメリットがたくさんありますが、一方で注意点もいくつかあります。注意点をあらかじめ理解しておき、リスクを最小限に抑えましょう。


4.1 導入目的が不明確

導入目的が不明確だと、作業効率化することはもちろん、業務ミスを減らすこともできない可能性が高いです。構築する際には、あらかじめ目的を明確にすることが必要になります。

また、導入のインセンティブ構築においても、システムを明確に設定する必要があります。不動産管理システムを導入することで、ユーザーはもちろん、運営者やクライアントにとっても有用でなければいけません。


4.2 IT知識の不足

自社で不動産管理システム開発をする際には、社内のITに関する人材の確保が必要不可欠になります。具体的には、運用でエラーなどが起きた際に対応する担当者も必要です。

すでにセキュリティやビッグデータ、AIなどのITに関わる分野は、人材不足が進んでいる傾向があり、自社でシステムを開発ができる会社が少なくなっているのも事実です。


4.3 開発会社の選定

不動産管理システムの開発をする際は、開発実績が豊富な開発会社の選定しましょう。実績豊富な企業は、構築期間の短縮や要望に対して、的確な提案をしてくれる場合が多いです。

また、不動産管理システムの構築から開発を一ヶ所で行うことができるワンストップ対応ができる開発会社を利用することで、利便性が高く利用することができます。


5. GIGの不動産管理システム開発

不動産管理システムを導入する企業が増えてきています。しかし、マーケティングが最適化されておらず、不動産情報を管理することができていない企業も少なくありません。

GIGの不動産管理システム開発がおすすめする要因として、以下が挙げられます。


5.1 クライアントの課題解決

クライアントの課題解決としては、システム上の入力ミスや情報更新の漏れなどを回避することが挙げられます。

また、物件情報をユーザー情報に結びつけることできると、リピート施策を打ちやすくなります。マーケティングを行いやすくなることで、集客効果の改善にも繋がるでしょう。


5.2 セキュリティーリスクの改善

不動産企業は個人情報を取り扱っているため、高いセキュリティーシステムが必要となります。

GIGではシステム構築をする際に、徹底したセキュリティ対策を行っています。履歴利用や過去掲載情報などの情報漏えいすることを防ぐことができ、ユーザーへの信頼獲得につなげることが可能です。


5.3 さまざまな支援が可能

GIGでは、サービス開発に必要な会員機能管理や物件管理機能の独自機能のモジュールとアルゴリズムモジュールを用意しています。そのため、初期構築費用を抑えて高品質なシステム開発が可能です。

また、システム構築に留まらないさまざまな角度からの支援が可能です。マーケティング施策の最適化させるためのシステム構築や、マーケティング支援も行っています。


6. GIGの不動産管理システム開発事例

GIGではさまざまなクライアントの要望に対応させていただいています。使いやすい不動産管理システムを提供するのはもちろん、セキュリティやコンバージョン獲得の課題をサポートすることも可能です。

以下では、GIGが実際に行った不動産管理システム開発の事例を紹介します。不動産管理システム開発の参考にしてください。


サンフロンティア不動産 様

サンフロンティア不動産様は、BtoBの不動産全般を扱っている不動産会社です。セットアップオフィスや居抜きオフィスなどに特化した物件紹介サービスを展開しています。不動産管理を簡易化するために不動産管理システム導入しました。

GIGは、不動産情報を扱う上で必要不可欠なセキュリティ問題の解決に努めました。また、コンテンツからリード獲得に繋がりにくいという状況の解決にも力を入れた上で、開発からマーケティングまで幅広くご支援させて頂きました。

サンフロンティア不動産 不動産管理システム/開発

問合わせ件数は1.7倍増。サービスサイトで挑戦的なデザインを追求できた理由とは|サンフロンティア不動産様


7. 不動産管理システムの開発はGIGまで

GIGではさまざまな不動産管理システム開発した経験から、クライアントの要望に沿った不動産管理システムの提案や作業効率を上げるためにシステム構築などが可能です。

また、開発実績が豊富なためご予算に合ったシステム開発も対応可能です。不動産管理システムの開発で迷っているという方は、まずはお気軽にGIGにご相談ください。


GIGblog編集部

株式会社GIGの社員によって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。