新型コロナウイルス対策のため、リモートワークを実施しました|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

新型コロナウイルス対策のため、リモートワークを実施しました

2020-03-30ニュース

こんにちは!広報の尾崎です。


GIGでは新型コロナウイルスの感染抑止と従業員の安全確保のため、2020年2月26日よりリモートワーク制度(在宅勤務制度)を導入しました。


新型コロナウイルスに対する当社対応方針について


リモートワークを全社的に実施するのは、今回が初の取り組み。そこで、今回の経験が後の業務に活かせるよう、リモートワークについてのアンケートを全社員に実施しました。


今回はそのアンケート結果をおしらせします!


リモートワークを行う際のルール


今回リモートワーク導入にあたり、基本的なルールを設けました。


◼︎時間:10時~19時(お昼休憩1時間含め)
◼︎場所:自宅のみOK(感染リスクを下げることが目的のため、公共スペースはNG)/オフィスに出社してもよい
◼︎Slack:在宅か出社かがすぐわかるよう、名前の横にアイコン(在宅) /(出社)を付けること。


上記ルールに加え、毎朝タスク共有を行ったり、ビデオチャットをつなぎながら作業をしたりと独自ルールを設けているチームもありました。


リモートワークで工夫したこと


全社員にアンケートを実施した結果、リモートワークを実施した日数は平均7.6日でした。(対象期間:2020年2月26日〜2020年3月13日の13営業日)


アンケートのなかでは、リモートワークにあたり工夫したことを教えてもらいました。


・コミュニケーションが取りやすいように、discord(ボイスチャットツール)を繋ぎながらリモートワークを行った。
・進捗報告を普段よりこまめに行った。
・チームのチャットで現在のリソース状況と、空きがある場合、先輩の仕事を手伝える旨をアナウンスするようにした。
・いつもよりもSlackでのリアクションを早くとるようにした。
・必要に応じて電話やビデオチャットツールを利用して認識の相違がないように心がけた。



コミュニケーションの取り方についての回答が多く集まりました。


リモートワークを行う上でもっとも懸念していたのは、コミュニケーションがおろそかになってしまうことでした。口頭で伝えれば伝わるニュアンスが、リモートワークでは伝わりづらくなってしまう場合があるからです。


しかしアンケートの結果からは、相手に伝わりやすいようみんなが意識して、いつもより丁寧なコミュニケーションを心がけていたことがわかりました。


リモートワークで難しかったこと


・コミュニケーションが圧倒的に不足する。
・業務以外のことを話す機会がないため孤独になる
・複数人での議論は難しい。チーム意識が弱くなる
・テキストだけでのコミュニケーションだと、感情が見えづらい
・さみしい……


リモートワークで難しかったことでいちばん多かった意見も、コミュニケーションに関するものでした……!


たとえコミュニケーションが取れていたとしても、感情がついていきづらいといった意見がありました。

あと、「さみしい!」という意見も目立ちました!


皆がオフィスに出社して仕事をしているときのGIGは、いつもあちこちで会話に花が咲いているので、余計さみしさを感じた人もいたのではないかと思います。


分報チャンネル(Slackで個人のpublicチャンネルを作成し、考えていることを発信するもの)を使って自分が今どんなことをしているのか?何に困っているのか?を細かく報告しているメンバーも多く見られました。

お昼の報告をするメンバー



タスク報告進捗を褒め合うメンバー


リモートワークだからこそ、タスクややっていることの見える化、大事ですね!


その他の感想


リモート導入当初は、コミュニケーションやルール決めで戸惑っていたメンバーも後半はリモートワークに慣れて、各々集中しやすい環境を作っていました。


メンバーから挙がったリモートワークの感想と、良い点・悪い点を紹介します。


【よかった点】

・通勤時間がないので、その時間に電車/徒歩ではできないようなインプットもアウトプットもできました。
・リモートだと自分で好みの室温や光量に調節できてよかったです
・いつもだと路線的に満員電車が避けられない通勤ルートなので、それがないだけで幸せでした


【悪かった点】

・プレイヤー業務ははかどるが、マネジメント業務はコミュニケーションコストがかかるので、リモートでは難しい
・入社したてのメンバーにとってはリモートだとコミュニケーションに気を遣って大変そう


全体的に「リモートワークは集中できるが、リアルでのコミュニケーションも必要なので最適なバランスで出社とリモートを組み合わせられたらいいな」という感想が多く挙がっていました。


今回のアンケート結果を活かし、リモートワークを行うメンバーがより働きやすいよう、ルールづくりや制度の提案をしていきたいと思っています。


今後の取り組み


GIGでは出産・育児休暇を取得するメンバーも増えていること、また東京オリンピックの開催に伴って働き方の見直しが必要になっていきます。

今後、必要な際はスムーズにリモートワークを活用できるよう、体制を整えていく予定です。


GIGではgood is goodなチームを築ける仲間を募集しています!

GIGでは、メンバーが働きやすいよう新たな取り組みに挑戦し続けています。

さらに会社を成長させるため、一緒に働くメンバーを積極的に募集中です。一度話を聞いてみたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ご応募はコチラから

尾崎莉緒

株式会社GIGの人事/広報。 2017年GIG入社。 営業→キャリアアドバイザー→2019年12月から人事になりました。 外飲みが好き。