ページ管理機能が使いやすくなりました!【2022年4月LeadGrid開発レポート】|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

ページ管理機能が使いやすくなりました!【2022年4月LeadGrid開発レポート】

2022-04-04 ニュース

こんにちは! 広報の北村有(ゆうゆう)です。

「LeadGridサービス開発レポート」では、GIGが運営するリード獲得に特化したCMS『LeadGrid』の最新情報をお届けします。

今回は主に、ページ管理機能のアップデートが行われました。


1. 3つのワークスペースが実装されました

LeadGridのページ管理画面に、3つのワークスペースが実装されました。

  • 見たまま編集モード
  • 個別パーツ(セクション)モード
  • ページ情報モード

▲見たまま編集モード

 ▲個別パーツ(セクション)モード

▲ページ情報モード

以上3つのワークスペースにより、直感的でシンプルな作業かつ、検索エンジンにも強い設定が可能になりました。

また「見たまま編集モード」では、ページ倍率の変更も簡単にできるようになりました。

▲倍率変更

 なお「見たまま編集」モードでは、それぞれ25%、50%、75%、100%の画面比率で拡大縮小できるようになっています。ページレイアウトや表示端末に合わせて調整する際にお使いください。

LeadGridはレスポンシブ対応していますので、PC/スマホ/タブレットなどデバイスを選ばず、整ったデザインをかんたんに実装できます。


2. ページ保存前でもプレビューが見られるようになりました。

各ページ、編集途中でもプレビューが見られるようになりました。

▲プレビュー画面の例

 これまではページを一度保存する必要がありましたが、今後はより効率的にページ編集を進めていただけます。


3. 細かいSEO設定ができるようになりました。

SEOタイトル設定、SEOディスクリプション設定、カノニカル設定、noindex設定、サイトマップ設定など、ページごとに詳細なSEO設定ができるようになりました。

▲SEO情報設定画面

 個々のページ状況にあわせて設定してみてください。なおGIGでは、SEO設定のコンサルティングも承っております。


4. セクションごとにID設定ができるようになりました。

それぞれのセクションごとに、固有のID属性の値を設定できるようになりました。カーソルを合わせ、編集ボタンを押すことで個別に設定できます。

ID属性を設定することで、ページ内リンク(アンカーリンク)の設定ができます。ページ内リンクとは、同じページ内で特定の箇所にジャンプさせる機能です。ユーザビリティ向上にお役立てください。


今後も『LeadGrid』では、ユーザーのみなさまに快適にご利用いただけるよう、サービス改善を続けてまいります。

他にもLeadGridのサイトでは、リード獲得やサイト制作、オウンドメディア制作などに役立つ資料を無料提供しています。

リード獲得にお悩みの企業様は、ぜひLeadGridをご活用ください!

お問い合わせはこちら

見込み顧客を、これひとつで。LeadGrid

GIGblog編集部

株式会社GIGの社員によって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。