【2020年8月】Workship サービス開発レポート|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

【2020年8月】Workship サービス開発レポート

2020-09-08ニュース

こんにちは!広報の尾崎です。

「Workshipサービス開発レポート」では、GIGが運営する『運命の仕事相手』が見つかるジョブ型雇用支援サービス「Workship」の最新情報をお届けします。

今回は8月にリリースされた、Workshipのアップデートされた機能についてお知らせします。

目次

  1. レコメンド改善
    候補者がリアルタイムで推薦されるようになりました

  2. 稼働状況検索機能
    候補者を現在の稼働可能状況で検索できるようになりました

  3. 福利厚生サービス
    フリーランスが優待割引を受けられる福利厚生サービスをリリースしました

  4. 賠償責任保険
    賠償責任保険が保険料の負担なく自動付帯されるようになりました

  5. 支払状況管理機能
    支払い履歴を月ごとに管理できるようになりました

1 . レコメンド改善

候補者がリアルタイムで推薦されるようになりました。

これまでは24時間ごとにおすすめの候補者を選出するシステムでしたが、気になる候補者を見れば見るほどあなたのことを学習し、今探している候補者をリアルタイムで推薦します。今まで以上にスピーディーな即戦力人材の採用が実現します。


2 . 稼働状況検索機能

候補者を現在の稼働可能状況で検索できるようになりました。

候補者を現在の稼働状況(今すぐ稼働できる、転職含め検討中、まずは相談から、今は難しい)から絞り込むことができるため、都度フリーランスに状況を確認する手間が省けます。


3 . 福利厚生

フリーランスが優待割引を受けられる福利厚生サービスをリリースしました。

Workshipを通じて案件を獲得したフリーランスに、優待割引を受けられる福利厚生サービスが自動付帯されます。

様々な施設やサービス、飲食店などを優待価格で利用できる特典が無料で受けられます。

▼特典利用によるメリット

  • ホテルやテーマパーク、ショッピングなど20万以上の施設を優待価格で利用可能

  • 会員の同伴者も優待価格で利用可能


4 . 賠償責任保険

賠償責任保険が保険料の負担なく自動付帯されるようになりました。

Workshipを通じて案件を獲得したフリーランスに、賠償責任保険が保険料の負担なく自動付帯されます。

情報漏洩や著作権侵害、サイバー攻撃による事故などで発生する賠償損害や費用損害に対して補償が提供されます。

▼特典利用によるメリット

  • Workshipで獲得した業務に関連して、意図的でない事故(情報漏洩、著作権侵害、サイバー攻撃等)によって企業などから損害賠償請求され、損害賠償責任が生じた場合、自己負担0円で最大500万円まで補償が可能

  • 事故起因で発生した調査費用なども補償対象(上限100万円)


5 . 支払状況管理機能

支払い履歴を月ごとに管理できるようになりました。

Workshipでのフリーランスとの契約に関連した、お支払いの履歴を月ごとに管理できるようになりました。

お支払いした金額、対象のフリーランス、発生したサービス手数料などを一覧でご確認いただけます。

今後とも「Workship」では快適にご利用いただけるようサービス改善を続けてまいります。

また、「Workship」の関連サイトとしてクリエイター向けWebマガジン「Workship MAGAZINE」 の運営や、コワーキングスペース検索サイトの「Workship SPACE」 なども展開中です。

こちらも是非併せてご活用ください!




尾崎莉緒

株式会社GIGの人事/広報。 2017年GIG入社。 営業→キャリアアドバイザー→2019年12月から人事になりました。 外飲みが好き。