編集部体制構築|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

編集部体制構築メディアサイト制作 / 構築

編集部体制構築

編集部体制構築

結果を出すメディア運営を実現するために

適切な編集部体制構築により、目的を達成するメディア運営を実現します

メディアサイトは「制作」して完成ではありません。適切な運営を行い、メディアサイトを育てていくことが重要です。そしてメディアサイトの運営において大切なのは、しっかりとした編集部体制の構築です。

取材コンテンツを中心に運営していくのであれば、ライターだけでなくカメラマンも必要でしょう。またSEOコンテンツを強化していくのであれば、SEOに知見のあるライターや編集者、また専門性のあるコンテンツを執筆できるライターが必要になります。

GIGでは数百万PV〜数億PVのメディア構築、グロースハックに関わったメンバーが多数在籍しています。さらにGIGが自社運営しているメディアサイトは開設3ヵ月で約30万PVを達成しており、初期フェーズから結果を出すための運用体制構築もサポート可能です。
また、様々な専門性を持ったライター、編集者、カメラマンを100名以上ネットワーク化しているため、必要に応じて編集部メンバーへのアサインもご提案可能です。

そして企画会議やプロジェクト全体のマネジメントなど運用体制、運用フローまで含めて、メディアサイトが目的を達成するための編集部体制構築を支援いたします。

メディアサイトは「ただ記事をつくればいい」という単純なものではない

企業活動としてメディアサイトを運営するのであれば、KGI・KPIの設定は必須事項でしょう。そして設定したKGI・KPIを達成するためには、根拠ある戦略が必要であり、戦略を実行する編集部の体制構築が必須です。ただ記事をつくって更新しているだけでは、KGI・KPIは達成できません。

どういったコンテンツをつくっていくかを編集部内で共通認識を持つためには、記事のテンプレが必要でしょう。またSEOを狙うのであればキーワード設計を行い、公開後にも定期的に観測を行いながら改善を繰り返すことが大切です。

また運営を円滑に進めるためには、メディアサイトの運営をマネジメントする「編集長」の存在も重要です。メディアサイトの運営は、「ライターが忙しい」「執筆ネタがなくなった」など様々な問題が起きます。そういった問題1つひとつに対して適切に対処し、コンテンツのクオリティを管理できる編集長のもと、PDCAサイクルをまわす編集部体制構築がメディアサイトのグロースには欠かせません。

自社だけで編集部メンバーの構築が難しい場合は、外部の優秀なライター、編集者、また編集長ポジションをアサインするなど、自社の状況に合わせた最適な編集部体制構築が求められます。

GIGではどのように編集部体制構築を行うのか

理想の編集部体制は、メディアサイトの目的に応じて構築方法が異なります。SEOによるアクセス獲得を狙うのであれば専門性を持ったライター、編集者のアサインが必要でしょうし、ソーシャルシェアを狙うのであれば、インフルエンサーライターや企画力のある編集者をアサインすることが求められます。

GIGではまずクライアント企業にヒアリングを行い、メディアサイトの目的を明確化します。そして目的から適切なKPIを設定し、KPIを達成するための戦略構築を行い、理想の編集部体制を明確にし、体制構築をサポートします。

またメディアサイト運営はPDCAサイクルをまわすことが重要なため、外部メンバーのアサインやクライアント企業の編集部メンバーの教育だけでなく、編集長代行としてGIGが運営フェーズにおいてもサポート行う場合もございます。

CLIENT取引先企業

MEMBER

GIGは、ディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケター、コンテンツライター、編集者と、様々な領域に特化した専門家が所属しています。企業サイト制作、メディアサイト制作、システム開発、Webマーケティングなど、企画、制作、運用までトータルでサポートします。

トレンドのデザインやコンテンツ設計、システム開発を融合させ、クライアントと潜在的なステークホルダーをつなぐ「きっかけ」となるプロジェクトをパートナーとして全力でご支援致します。

CONTACT US

案件のご相談、採用に関するお問合わせなどお気軽に
ご連絡下さい。

FORM