デザイン制作・UI/UX・ユーザビリティ|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

デザイン制作・UI/UX・ユーザビリティメディアサイト制作 / 構築

デザイン制作・UI/UX・ユーザビリティ

デザイン制作・UI/UX・ユーザビリティ

結果を出すデザインを実現するために

UI/UX、ユーザビリティを考慮したデザイン制作を行います

どれだけコンセプトやキーワード設計をしっかり行っていても、メディアサイトのデザインがしっかりと設計されていなければ、ユーザーの態度変容を起こすことはできません。メディアサイトを通じてユーザーにどのような体験を提供すべきか、またユーザーのニーズに応えるための動線設計やビジュアルを実現することが重要です。

GIGでは過去に多種多様なジャンルのメディアサイト制作を行ってきた実績から、ただカッコイイだけではない、結果を出すためのメディアサイト制作を行います。また、国内外のデザイン賞を受賞してきたメンバーが集っており、長い間にわたって運用可能なメディアサイトのデザインが可能です。

またメディアサイトをグロースさせるためには、運用フェーズにおいて常にPDCAサイクルをまわすことが大切です。それはデザインも同じ。GIGでは、仮説検証が可能なロジックを盛り込んだデザイン制作もご提供可能です。ご要望に合わせて、結果を追求するための最善策をご用意いたします。

ユーザーの満足度、信頼性を担保するメディアサイトを実現する

個人の趣味で運営するブログではなく、企業活動としてメディアサイトを運営するのであれば、メディアサイトのデザインは目的を達成するデザインを追求すべきです。メディアサイトを通じて「問い合わせ数」といったコンバージョンを求めるのであれば、デザインはCVRを高める設計が必要でしょう。担当者や決裁者の主観で「綺麗なサイト」を求めがちですが、ユーザー行動を意識した、結果を出すデザインをつくるべきなのです。

また、メディアサイトが乱立する昨今、デザインは競合との差別化要素としても機能します。関連コンテンツへの動線がわかりやすい、サイト表示速度が早いといったUI/UXに気を配ったサイトデザインは、ユーザーの離脱率を低下させ、再訪問率を高めるキッカケにもなりえます。
一方、たとえコンテンツの中身が良くてもサイトデザインが表示崩れやユーザー属性にそぐわないカラー配分などは、「このサイトは大丈夫だろうか?」と信頼性を失う可能性もあるでしょう。

無計画なサイトデザインはリニューアルの必要性が出てきたりと、無駄なコストが発生してしまいます。企業としての顔となり、多くのステークホルダーと繋がるキッカケであるメディアサイトのデザインは、軽視してはならない重要な要素なのです。

GIGではどのようにデザイン制作を行うのか

メディアサイト全体の戦略立案時に設計したコンセプトやターゲット、またブランド戦略などを加味して、デザインに落とし込んでいきます。どのフォントを使うか、マージンのとり方や素材の大きさをどうするか、コンバージョンボタンをどの位置に設置するかなど、それぞれに意味のあるデザインを制作していきます。

その際に、競合調査やヒューリスティック分析などを行い、UI/UXが差別化のひとつになるようなサイト構造およびサイトデザインをご提供します。またメディアサイトで想定しているペルソナのカスタマージャーニーに沿ったデザインを実現することで、ユーザービリティ向上だけでなく、企業活動として結果を出すデザインを追求します。
そのため、デザインはただカッコイイだけではない、ロジックに基づく効果検証が可能なデザインをご提供し、予算に応じて複数パターンのデザイン提供や、リリース後のグロースアップをも支援いたします。

また、GIGではシステムと連動するデザインやアプリのUXデザインも制作可能です。クライアント企業がメディアサイトに期待する様々な制作を実現いたします。

CLIENT取引先企業

MEMBER

GIGは、ディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケター、コンテンツライター、編集者と、様々な領域に特化した専門家が所属しています。企業サイト制作、メディアサイト制作、システム開発、Webマーケティングなど、企画、制作、運用までトータルでサポートします。

トレンドのデザインやコンテンツ設計、システム開発を融合させ、クライアントと潜在的なステークホルダーをつなぐ「きっかけ」となるプロジェクトをパートナーとして全力でご支援致します。

CONTACT US

案件のご相談、採用に関するお問合わせなどお気軽に
ご連絡下さい。

FORM