競合分析・ユーザビリティ調査|東京のWEB制作会社「株式会社GIG」

競合分析・ユーザビリティ調査Webマーケティング / 戦略 / 設計

競合分析・ユーザビリティ調査

競合分析・ユーザビリティ調査

競合と差別化させ、グロースさせるために

早期の分析・改善が、Webサイトのグロースを実現する

Webサイトはリリースしたら完成、というわけではありません。コンバージョンにいたるまでの数値を分析・評価し、常に改善を続けることが重要です。
たとえばコンバージョンまでの遷移を見直し、コンバージョンリンクのボタンカラーを変えた場合、CVRが1%改善したとしましょう。BtoBサービスを展開する企業であればCVR1%の改善は、大きな売上インパクトをもたらします。広告予算を増やさずとも売上を上げる方法が、Webサイトの適切な改善なのです。

しかし、ユーザーにとって本当に使いやすいサイトであるかどうかは、ユーザビリティ調査を行わないと知ることができません。最適なボタンの配置やサイト内のアクセスフローなどは、想定しているものとは大きく異なるケースも珍しくはないでしょう。
そのため、企業側の思い入れや主観を取り除き、客観的な視点で自社サイトを分析・評価することが求められます。また、すでに試行錯誤を繰り返している競合サイトを分析し、競合が成功している要因を積極的に自社でも取り入れることで、適切な成功シナリオを描くことができます。

一方で、ユーザビリティ調査や競合分析は労力がかかるため、目の前の施策に追われている現場では、なかなか後回しになりがちです。ただし、費用対効果を改善し、無駄な広告費を投下しないためにも、ユーザビリティ調査や競合分析は早いタイミングで取り組むべきなのです。

最適解を早急に見つけ出すための競合分析・ユーザビリティ調査を行います

GIGでは、様々なWebサイトやWebサービスの立ち上げから改善に至るまでを、これまでサポートさせていただきました。またWebコンサルティング経験が豊富なメンバーもおりますので、競合分析およびユーザビリティ調査によって得られた結果をもとに、具体的にどのような改善をすべきか、どのような体制を構築すべきかまで、ご支援可能です。

また、競合分析やユーザビリティ調査は、適切な分析基準、調査項目を設けることが大切です。競合サイトが成功している要因はクライアント企業のWebサイトでも再現性があるかどうか、またサービス内容が違うがターゲット属性が類似するWebサイトがどのような設計をしているかなど、様々な角度からクライアント企業のWebサイトが成功するための分析・調査を行います。

そして、GIGではクリエイティブ制作も行うことができますので、競合分析によって差別化コンテンツが必要だと判断した場合は、サイト内コンテンツから広告クリエイティブに至るまでも制作サポートさせていただきます。

GIGはどのように競合分析・ユーザビリティ調査を行うのか

まず、クライアント企業のWebサイトのペルソナを設計し直し、業界問わず、同じようなペルソナを対象としたWebサイトをピックアップし、要素を調査していきます。

そして、競合となり得るWebサイトのターゲット層やサービス内容、またクライアント企業の強みを差別化させるためにも競合の経営理念や経営方針にいたるまで調査します。そして調査結果をもとに、クライアント企業のサービスの強み、差別化要素を明確化し、Webサイトにどのように反映すべきかをご提案させていただきます。

またユーザビリティ調査においては、まず一般ユーザーにWebサイトを操作してもらい、行動観察およびアンケート形式でのリサーチを行い、Webサイトの改善項目を洗い出していきます。
なお、GIGでは改善のご提案だけでなく、Webサイトの改修およびサイト運営もご支援可能です。クライアント企業のWebサイトをグロースさせるために、サイト改修、コンテンツ制作、広告運用にいたるまで、様々な角度からサポートさせていただきます。

CLIENT取引先企業

MEMBER

GIGは、ディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケター、コンテンツライター、編集者と、様々な領域に特化した専門家が所属しています。企業サイト制作、メディアサイト制作、システム開発、Webマーケティングなど、企画、制作、運用までトータルでサポートします。

トレンドのデザインやコンテンツ設計、システム開発を融合させ、クライアントと潜在的なステークホルダーをつなぐ「きっかけ」となるプロジェクトをパートナーとして全力でご支援致します。

CONTACT US

案件のご相談、採用に関するお問合わせなどお気軽に
ご連絡下さい。

FORM