PMChannel#7 リモートワークにオススメのツール・サービス紹介|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

PMChannel#7 リモートワークにオススメのツール・サービス紹介

2021-01-12ニュース

こんにちは! 広報の ich です。


GIGが開催する「PM Channel」は、プロジェクトマネジメント/プロダクトマネジメントのあり方や方法を考えていく連載ウェビナー。

第7回目となる今回は、「リモートワークにおすすめのツール・サービス紹介」をテーマに、GIGの代表・岩上さんと株式会社時空テクノロジーズの執行役員・林さんにお話しいただきました。


本ブログではその様子をご紹介します。


※PMChannel第1回目- 6回目の様子、登壇者の紹介はこちら


【ウェビナーを開催しました】PM Channel #1 - リモートワーク時代のプロジェクトマネージャーの役割とは

【ウェビナーを開催しました】PM Channel #2 - リモートワーク時代の要件定義のススメ方

【ウェビナーを開催しました】PM Channel #3 - リモートワーク時代のスケジュール管理のポイント

【ウェビナーを開催しました】PM Channel #4 - Afterコロナのプロジェクトマネジメント

【ウェビナーを開催しました】PM Channel #5 - リモートワーク時代の検証フローの変化

【ウェビナーを開催しました】PM Channel #6 - プロジェクトマネジメントにおける振り返りの重要性


岩上 貴洋(いわかみ たかひろ):2007年、株式会社LIGを創業し、約10年にわたり代表取締役としてシステム開発、デザイン制作、コンテンツマーケティング、シェアオフィス事業に従事。

2017年4月、デジタル戦略、DX支援、リブランディングを展開する株式会社GIGを創業。ナショナルクライアントを中心に、新規事業立ち上げ支援、アジャイル開発、デジタルマーケティングを提供。 自社サービスとして、ITプロフェッショナルのマッチングサービス『Workship』、リード獲得に特化したCMS『LeadGrid』を展開する。


林 優一(はやし ゆういち):ソーシャルゲーム・Web開発会社にてフロントエンドエンジニア、本部長、CTOを歴任。㈱Emotion Techにて、プロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャー/VPoEとして従事。

技術顧問として技術力向上・効率化及び組織作りのアドバイザー、エンジニアとしてプロダクトのフロントを中心に設計・実装を担当。現在は、株式会社時空テクノロジーズのフロントエンド開発執行役員 兼 UXエンジニアとして活動。


必須サービス・ツール

はじめに、岩上さん・林さんのお二人に「これは欠かせない!」という必須サービスやツールをご紹介いただきました。

  • Slack
  • ChatWork
  • Google Drive
  • GoogleSheets
  • GoogleDocs
  • GoogleSlides

情報や制作物を共有する際には、利便性が高いGoogleのサービスを使用されているそう。


画面設計、デザイン制作、プロトタイプツール

3年ほど前までは、XD、スケッチ、PIGMA、の3つが主流とされ、画面設計やデザイン制作の際は多く使用されていたそうですが、岩上さん、小林さんともにここ1年の間で使用するツールが『PIGMA』の一択に変わったと話します。

小林:「最初はXDを中心に使用していたのですが、フィードバックやコメント機能の使用感の良さから、現在はPIGMAを使用しています。周りの企業さんでも、PIGMAの使用率は高いと聞きますね。」

リモート化が進む現在、コミュニケーションに関わるコメント機能はツールを選ぶ重要な指標になったようです。


会議サービス

オンライン会議では、代表的な以下の3つのサービスを用途別に使い分けているとお二人は話します。

ZOOM:画面共有が簡単で知名度もあり、社内外問わず使いやすい

Microsoft Teams:大手企業で使用されている。Microsoftのサービスとの連携がしやすい

Googlemeet:社内会議や短時間の打ち合わせに使いやすい

岩上:「社内ではmeetを推奨しておりますが、大手企業との会議ではMicrosoftを使うことが多いですね。またイベントやウェビナーはZOOMを使用しています。」

小林:「参加者や状況に合わせて使い分けることが多いですよね。」

オンライン会議は、移動中でも手軽に参加できるメリットがあると話す岩上さん。2つのデバイスを使って2つの会議に一度に参加したこともあるそうです。

他にも、社内イベントでは、仮想空間で集まるバーチャルSNS(cluster.)を利用して行ったこともあると言います。さまざまなサービスの普及により、オンラインのコミュニケーション手法も多様化したようです。


ログミーツ/議事録・会議記録

オンラインと対面、すべての会話をAIが自動で文字起こしをしてくれるツールです。

現時点では、Windows版とモバイル端末版が用意されています。

岩上:「リモート環境になると、気軽に打ち合わせができる分、回数が増えたと感じています。そのときに自動で議事録をとってもらえるのは助かりますね。


その他のオンライン会議・イベントツール

オンラインの会議やイベントの際、何かと必要な背景画像ですが、使用する会議ツールごとに画像を設定する手間がかかります。

仮想背景(XSplit VCam)を使えば、会議ツールのすべての背景画像を統一して設定できます。

コメントスクリーンはニコニコ動画のようにコメントが流れる仕組みになっており、オンラインでのイベントコミュニケーションに適しています。

その他にも、作業中に周りの音をシャットアウトできるヘッドフォン、耳に負担をかけないおすすめの肩掛けスピーカー骨伝導イヤホンなどをご紹介いただきました。


情報収集サービス

小林さんが愛用しているという情報収集サービス「TechFeed」

興味のあるテーマを登録すれば自動で情報を集めてくれるため、自分で情報を探す手間がかからず、必要な情報だけを収集できるそう……!

情報が氾濫する社会において、新しい情報収集の形として今後の普及が予測されます。


パスワード・アカウント管理ツール

1passwordは、個人や企業のpasswordをクラウド上で管理できるアプリケーションソフトです。アプリやサイトに設定したパスワードやアクセス情報を一括管理できることから、さまざまな企業で利用されています。

小林:「1passwordの情報は他人にも共有できます。共有する範囲も細かく設定できるので、社内外とのパスワード共有、整理に使っていますね。」


まとめ

コロナウイルスの影響で急速に普及したリモートワークには、まだまだ対応できない課題があります。ですが、多様なサービスやツールを利用することで、オフライン以上に円滑にコミュニケーションや情報共有を行えるかもしれませんね。。

GIGは毎月、DXやリブランディング、サービスデザインなどに関するウェビナーを開催しています。イベントの詳しい情報は、GIGのconnpassページで発信中。気になる回があれば、お気軽にご参加ください! GIG社員一同お待ちしております。

ich

93,生まれ/鳥取県出身/旅するフリーランス&元アドレスホッパー。GIGの広報インターン。自身でも編集やライター業などを行う。東京のおしゃれなカフェでパソコンをカタカタ打つときに幸せを感じるとのこと。人生で一番好きなものは「はちみつ味の梅干し」