【GIG勉強会Vol.24】「Slack」×「アイデア」で世界をより良くするアイデアソン|東京のWEB制作会社・ホームページ制作会社|株式会社GIG

【GIG勉強会Vol.24】「Slack」×「アイデア」で世界をより良くするアイデアソン

【GIG勉強会Vol.24】「Slack」×「アイデア」で世界をより良くするアイデアソン
News

先日、GIG創設以来はじめての「アイデアソン」が開催されました!

アイデアソンとは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語。ある特定のテーマについてチームや個人で新たなアイデアを創出するイベントです。

似たものにエンジニア中心でプロトタイプをつくる「ハッカソン」があります。一方で「アイデアソン」はプランニングまでがゴールなので、開発者以外の人でも参加しやすいのが特徴です。

今回のGIGアイデアソンでも、エンジニアはもちろん、ディレクターやデザイナー、編集者たちが集結しました。

 

 

「Slack」×「アイデア」で世界をより良くする

記念すべき第1回目のお題は「Slack」

 

GIGメンバー全員が普段から活用している「Slack」でどんな課題解決ができるのか、どんな新しい価値を生み出すことができるか。自由にアイデアを創造していきます。

アイデアソンのタイムラインは下記のとおりです。

  1. 個人ワーク
  2. 個人プレゼン
  3. 投票(上位3アイデアに絞る)
  4. チーム分け
  5. チームでアイデアをブラッシュアップ
  6. チームプレゼン
  7. 投票・結果発表
  8. 懇親会

 

 

個性豊かなアイデアが続々と誕生!

まずは参加者個人でアイデアを出していきます。話し合いはNG。

発想したことをスケッチブックにひたすら書いていきます。

 

普段キーボードばかり叩いているせいか、ペンの扱いは不器用(笑)。

 

3、
2、
1、
タイムアーーーップ!

制限時間は15分でしたが、ヘビーユーザーたちなだけあって、たくさんのアイデアが出てきました。

ここからは、もっともGoodなアイデアをひとりひとつずつ発表。

いくつかご紹介します!

 

「絵文字しか打てないチャット部屋」

Slackといえば絵文字!「カスタム絵文字職人」が続々と誕生しそうなニオイがしますね。

 

「社内音楽切替♪」

Alexa経由、イケてる!ただ、GIG音楽Loverたちのジャンルはめちゃくちゃ広いので、切り替えがカオスになりそう・・・。

 

「Amazon Dash スタンプ」

持ち方のクセ強め。

 

この他にもたくさんのアイデアが集まりました!どれもおもしろい素敵なものばかり。

 

 

ワクワクのアイデアたちから上位3アイデアの選出

ユニークなアイデアと、絵心のなさ&文字の稚拙さをみなさんにさらしていただいたところで投票タイム!

 

気に入ったアイデアをひとり3つまで選んで☆を付けます。

 

結果は・・・

このお三方のアイデアが選ばれました!
(司会者をにらんだり、プロジェクターの光をウザく感じたりしているように見えますが、3人はいたって喜んでいます)

選ばれし3人のアイデアを紹介していきましょう。

 

1. ラジオSlackチャンネル

1つめは、アゲの「ラジオSlackチャンネル」

個人が聴いている音楽をシェアできるチャンネルです。仕事中にヘッドホンで好きな音楽を聴いているエンジニアが多いことに気づいたところから発想したとのこと。

 

2. 備品発注チャンネル #equipment

2つめは、あやぱんの「備品発注チャンネル #equipment」

トイレでペーパーがないときの絶望感、あなたは味わったことはありますか。わたしは、あります。
そんな緊急事態にポケットからスマホを取り出しSOS。Amazonから即お届け。世界は救われました。

 

3. iko bot

3つめは、新さんの「iko bot」

メシ行きたい人、麻雀行きたい人など◯◯行きたい人を自動でグループ化して、出発時間に通知がくるという仕様です。と、アイデアの内容はさておき・・・
会場からは思わずため息がもれました。このイラスト、整理された情報、さすがアートディレクター。スケッチブックと油性マーカーがGIGイチ似合うオトコです。

 

 

チームでブラッシュアップ&プレゼン

惜しくも落選した参加者たちは、上位3アイデアから気に入ったものを選び、チームに分かれました。

いざ、Making a great team!

アイデアをより魅力的かつ実用的なものに仕上げるために、議論を通じてブラッシュアップ。

エンジニアがいるチームは、技術的に実装可能かどうかも検証していきます。

 

3、
2、
1、
タイムアーーーップ!

さて、どんなアイデアに仕上がったのでしょうか。

 

 

チームプレゼン&投票

まずは「ラジオSlackチャンネル」チーム。

もとは、個人が聴いている曲をシェアするというアイデアでしたが・・・

  • 再生している音楽をSlackの一言に表示
  • おすすめの音楽がランダムにレコメンド
  • 社内BGMの切り替え操作

といった機能を追加しました。

 

つぎに「備品発注チャンネル #equipment」チーム。

もとは、トイレットペーパーetcをSlackで発注できるというアイデアでしたが・・・

  • 前回の発注からの空き時間で備品を自動発注
  • 購入アラートを出す
  • トイレットペーパーの使用頻度がわかる(CSR意識)

といった機能を追加しました。

 

最後は「iko bot」チーム。

もとは、◯◯に行きたい人を自動グルーピングするというアイデアでしたが・・・

  • グループのチャンネルは毎日消える
  • BOTに「メシ」とつぶやくと「#メシ」という鍵付きチャンネルが生成される

といった機能を追加しました。

 

 

最終結果発表&懇親会

ブラッシュアップされた3つのアイデアが出揃ったところで、いよいよ最終投票タイム。

仕事中につきアイデアソンに参加できなかったGIGメンバーも審査員となって、Googleフォームで投票をおこないました。

GIGアイデアソン、栄えある初代チャンピオンに輝いたのは・・・

 

「ラジオSlackチャンネル」チーム!

左からアゲ、いっしー、あっきー。
フロントエンド、バックエンド、フロントエンドのエンジニアトリオが見事栄冠を手にしました。

おめでとうございます!!

よく見ると、あっきーはチャンピオン(Champion)の「C」をプレゼン中から左手で表現しています。予告ホームランならぬ予告チャンピオン、かっこいいっす。

 

ちなみに、備品チームとikoチームは同率で2位でした。
おつかれさまでした。

 

勝負が終われば、ノーサイド。

 

みんなでごちそうを囲んで、カンパーーーイ!

 

 

一緒に働く仲間を募集しています

GIGでは今後も「技術×アイデアで世界をより良くする」をテーマにアイデアソンを不定期で開催していきます。

われこそはGoodなアイデアを持っている、Goodなアイデアを実現したいという方。ぜひGIGの仲間になってアイデアソンにご参加ください!

興味のある方はコチラからどうぞ!

GIGblog編集部

株式会社GIGの社員によって構成される編集部。GIG社員のインタビューや、GIGで行われたイベントのレポート、その他GIGにかかわるさまざまな情報をお届けします。

RELATED ARTICLES